今日のみっけモノ

美容・健康ネタなど目に止まったモノをチェック しています

風呂

ボージョレヌーボーを入れたお風呂

ボージョレ・ヌーボー解禁日、
ボージョレワインを3本、
ワイン風呂に注いでいれるそうです。

ブドウにはポリフェノールが豊富に含まれていて、
確かに美肌によさそうですし、
老化防止にも良い感じがしますが、
お風呂に入っているのは、どうなのでしょうね?

本当に効果があるのかは
ちょっと疑問かなというのが正直なところです。

ただ、気分よくお風呂に入ることで
ストレスは解消するでしょうから、
そういう点でのメリットはありそうですよね。

なんか興味本位で一度入ってみたいですけど、
箱根はちょっと遠いんですよね。

-------------------------------------------------

ボージョレ・ヌーボー解禁日の16日、日帰り温泉「箱根小涌園ユネッサン」(箱根町二ノ平)はワイン風呂に1日3回、ボージョレ3本を注ぐイベントを始めた。今月末まで。

 この日はボージョレの試飲会も開催。埼玉県志木市の大学生鈴木那奈さん(21)は「ボージョレを飲んだのもワイン風呂も初めて。香りが口の中で広がり、美肌効果が高まりそう」と喜んだ。

(東京新聞 -2017年11月16日)
--------------------------------------------------

みかん湯の効果はリモネンのおかげ

みかんはビタミンCが豊富で、
ただふつうに食べても体にいいし、
お肌にもいいので積極的にとっていますが、
そういえば、かんきつでお湯をいれると体があたたまるといいますね。

柚子湯もそういう話なのでしょう・・

みかんのお湯は、実際に冷えに効くのだそうです。
東京ガスが調べた結果だそうなので確かなようですね。

柑橘成分の「リモネン」は、血行促進効果があって、
それが皮膚の体温を長時間キープしてくれるのだとか。

柚子湯も、たんにイメージの問題ではなく実際に効果があるのですね。

これから寒くなる季節ですし、
お風呂上りに湯冷めをなるべくしないためにも、
こういうみかん湯でお風呂に入るのはとてもいいかも。

こかんを食べた後に皮を捨てずに、
みかん湯にして入ろうと思います。

----------------------------------------------------------------------
■みかんは食べるだけじゃない!お風呂に入れて活用しよう
今回、ご紹介するのはいわゆる「みかん湯」。みかんの皮をお湯に浮かべれば、その栄養素や成分などから、美肌にいい効果を得ることができます。
冬至になると柚子をお風呂に浮かべる慣習もありますが、柚子よりもみかんのほうが手に入れやすいところはありますよね。みかんを食べた後は、皮を捨てずにとっておき、お風呂に入れて活用しましょう!

■みかん湯の効能とは?
みかんの皮をお湯に浮かべると、どのような効果が得られるのでしょうか? まず一番のポイントは、冬に多くの女性が悩まされている「冷え」に効くといわれていること!
東京ガスの調査では、みかん湯に10分間浸かると、通常のお湯に浸かったときよりも、1時間ほど長く、皮膚表面の温度が高いままキープされたという結果が出たそうです。みかんの皮には、あの独特のかんきつ系の香りの元である「リモネン」という精油成分が含まれており、このリモネンが血行を促進し、体温をキープしてくれるのだそう。

(livedoor 2014年11月26日)
-----------------------------------------------------------------

入浴剤がお肌を刺激することもある?

お風呂には、半身浴で30分以上入る、という方も多そうです。

入浴剤も今は、いろんな香りのものや、
美しい色、アロマも兼ねたようなのも豊富ですよね。

でも、お肌にマイナスに働くこともあるとのことで、これは注意が必要ですね。

体にいいと思っていれたもののおかげで、
かえって刺激が強すぎたりしても困ります。

そもそも半身浴で、いくらぬるめのお湯が体にいいといっても、
水分の吸収でお肌に良くない部分があるのでは・・・と、ちょっとだけ思っていました。

そのあと、どうやさしくこすっても、
やっぱりいつもよりは刺激を感じたりするので・・

お肌のためには手のかけ過ぎも考え物なのかも。

----------------------------------------------------------------------
入浴剤が刺激になることも

入浴剤には効能もありますが、忘れちゃいけないのが、角質が育っていないお肌は入浴することでさらにふやけてしまうこと。

入浴剤の香料や色素、お湯がアルカリ寄りになることが、お肌にマイナスに働くこともあるんです。

逆に、私が肌荒れ中にお風呂に入れてよかったものは、ビタミンC、天然塩、エプソムソルト、黒酢でした。
入浴は10分でいい

じっくり湯船につかって毛穴を開かせるのがニキビ予防にいい! と思いがちですが、有名な「タモリ式入浴法」によれば、10分以上湯船につかるだけで汚れの8割が取れるそう。ということは「10分を超える長風呂は汚れを落とすという点で不要」ともいえます。

長風呂でお肌の保湿成分が流出し、乾燥肌や敏感肌を招き、ターンオーバーの乱れにつながることも。

(マイナビニュース 2014年6月6日)
----------------------------------------------------------------------- 

ギャラリー
  • ライブドアブログ