今日のみっけモノ

美容・健康ネタなど目に止まったモノをチェック しています

資生堂

資生堂のホワイトフォースドリンク

今度、ファンケルから発売になる美容ドリンクは、
「透明感のある美しさ」に導いてくれるドリンクだそうです。

いまはちょうど春になる一歩手前という感じで、
ほこりっぽいし風は強いし、
なかなかお肌にはきびしいときですね。

美容成分としては、
ヒドロキシチロソールとLシスチン。

前者は聞いたことないのですが、
後者は、美白としては定番ですね。

ほかにも、抗酸化成分のビタミンCなど、
定評のある成分がたくさん入っています。

あと、日光の害にも気を付けたいので、
なにか入っているかと云うと、
アーティチョークエキス。

これは、名前は知っていますが、
どの程度の効果があるのでしょえうか。

柑橘ポリフェノールは、
もとから美白にいいとは聞きますね。

ドリンクなので即効性が期待できる感じがします。

1本は安くはないですが、
継続をできるお値段ではあると思いますね。

-------------------------------------------------

「ホワイトフォース ドリンク」1箱10本入り3240円(税込)は、紫外線が気になる春夏の季節に数量限定で販売していた人気商品。今回機能をパワーアップして、通年アイテムとして生まれ変わった。

贅沢に配合されている美容成分の中には、本来の透明感のある美しさをサポートするヒドロキシチロソールとL-シスチンの組み合わせや抗酸化成分として知られるビタミンCやナイアシンを配合。さらに今回新たに美しさに導くハス胚芽エキスをプラスした。

(ストレートプレス 2019年3月7日)
--------------------------------------------------

資生堂の秋冬ラインナップ発表

わたしはあんまりメイクに凝る方ではないのですが、
夏のため肌ストレスが多く、
お化粧がのらない感じはあるため、
いいものがあったら取り入れていきたいと思っています。

資生堂のブランドでは、
もう秋用のラインナップが発表になってきているようですね。

秋冬のコンセプトは、
多様な価値観を表現する「リゾーム」だそうで。

個性的な色合いが生まれているようですね。

最近のメイクの感じをみていると、
どうも60年代ぽいというか古めかしい、
色あいの深めなものが多いように思います。

そこからさらに、メイクで
個性をもっと表現する感じになっていくのでしょうか。

ファッションを楽しみたい季節にはもってこいですね。

-------------------------------------------------

資生堂ヘア&メーキャップアーティストによるコスメティックブランド「プレイリスト(PLAYLIST)」は9月1日、2017年秋冬の新商品 全7アイテムを発売する。

 秋冬のコンセプトは、常識や既成のルールにとらわれない、多様な価値観を表現する「リゾーム(RHIZOME)」。現代思想の“相互に関係のない異質なものが偶発的にむすびつくさまを表す概念”を意味する言葉で、資生堂トップアーティスト7名がカラークリエーションを担当し、個性あふれる、メイクの可能性が広がる新色16色を追加する。

(AFPBB News -2017年7月21日)
--------------------------------------------------

ベネフィークの美白美容パウダー

ベネフィークというと、資生堂の有名なブランドですが、
そこから、薬用美白美容パウダーが新発売だとか。

5月21日という、紫外線がかなり気になる時期に発売となります。

ホワイトニングパウダーはわたしは使ったことがなかったのですが、
夜の、お肌のお手入れで最後に使うと、
快適にさらさらなお肌が持続するのだそうですね。

トラネキサム酸が入っていて、効果も期待できそうです。

季節も4月の後半になり
紫外線はかなり強くなりつつあります。

これからは、紫外線対策や美白対策はしつかりしておかないといけないですね。

資生堂ベネフィークの美白美容パウダーを使う使わないに限らず、
対策はやっておいた方がいいですよね。

--------------------------------------------------

資生堂は、化粧品専門店専用ブランド「ベネフィーク」から、薬用美白美容パウダー「ホワイトニングパウダー」(医薬部外品)【全1品目1品種/ノープリントプライス】を2017年5月21日(日)より数量限定発売します。
◆薬用美白美容パウダー「ホワイトニングパウダー」は、つややかで透き通るような美しい愛され肌へ導く美白パウダリーマスクです。
◆美白有効成分m-トラネキサム酸※1配合で、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぎます。  
◆夏場、夜のお手入れの最後にお使いいただくと、快適にさらさらな肌が持続します。
※1 トラネキサム酸

(週刊粧業オンライン- -2017年4月18日)
------------------------------------------------- 

マキアージュのドラマティックスキンセンサーベース

化粧下地って、普段あまり気にすることないのですが、
化粧崩れが気になってきたときには、
しっかり手をかけたほうがいいようですね。

そうすることで、上から乗せていくパウダーとかが上手に乗って、
さらに長持ちしてくれる効果もありそう。

あと、お肌が荒れていても、カバー力のある下地があれば、
時間が経っても仕上がりに変化が少なそうな気がします。

マキアージュから出た下地は、
肌の水分バランスと皮脂をコントロールする効果があり、
また、ファンデーションを密着させる効果もあるとか。
頼もしい下地ですね。

----------------------------------------------------------------------

■2:マキアージュ『ドラマティックスキンセンサーベース UV』
肌の水分バランスと皮脂をコントロールするセンサー効果と、素肌に密着しながらファンデーションを引き寄せなじみあうトリニティマグネット効果で、美しい印象をキープできます。
資生堂の調査によると化粧持ち約13時間という結果が出ています。皮脂くずれなどに悩んでいる人はおすすめです(効果には個人差があります)。
薄いピンクカラーのパール感がある色味で、目尻の小ジワやほうれい線を目立ちにくくしてくれる効果も期待できます。
 
(日刊アメーバニュース 2017年1月3日)
-------------------------------------------------------------------------

資生堂のHAKUに新製品

資生堂の美白で定評のある「HAKU」。

今年はブランド化10年だそうで、さらに進化するとのことで、頼もしいですね。

美白マスクや美白美容液が有名ですが、
そこに美白化粧水、乳液などがラインナップされるそうです。

全部そろえて使いたい人に朗報です。

美白については、ちょっと事故があったりもしていますが、
やっぱりブランドで定評があるものは信頼感があると感じます。

冬が終わって、春、紫外線が強くなっていく時期ですから、
そろそろみんな今年の美白アイテムについて考え始めていることでしょう。
ちょうどタイムリーな発表ですよね。
 
----------------------------------------------------------------------

 2015年春にブランド誕生10周年を迎えるHAKUは、先端のシミ予防研究を結集した単品高機能アイテムの集合体から成る、美白ケアのエキスパートとして進化します。
 その一環として、シミができる肌特有の状態に着目し、資生堂初の冷却して使う薬用美白固形状クリーム「HAKU メラノクール ホワイトソリッド」(医薬部外品)【全1品目2品種 ノープリントプライス】を2015年3月1日(日)に資生堂ウェブサイト「ワタシプラス」専用で発売します。
 「HAKU メラノクール ホワイトソリッド」(医薬部外品)は、冷やして使うことで、まるでバターが溶けるように美白クリームが肌の上でダイレクトにとろける、ひんやりとした新感触の薬用美白固形状クリームです。美白効果とともに、うるおいに満ちた明るさと透明感のある肌に導きます。
 また、HAKUは既存品である薬用美白美容液、薬用美白マスクに加え、新たに機能型※1アイテムとして薬用美白化粧水、薬用美白乳液、薬用美白泡状乳液【全3品目5品種 ノープリントプライス】を2015年3月21日(土)に発売するなど商品ラインナップを強化します。
 
(財経新聞 2015年2月25日)
----------------------------------------------------------------

ギャラリー
アーカイブ
RSS
  • ライブドアブログ