今日のみっけモノ

美容・健康ネタなど目に止まったモノをチェック しています

紫外線対策

色白・美肌になる塩トマト

美肌を保ちながら、肌ダメージを回復に導く・・

というとサプリメントや美容液が思い浮かびますが、
今回は、「塩トマト」というのがピックアップされていました。

トマトは、中性脂肪の低下につながるなど、メリットの多い食材です。

トマトの栄養は朝にとったほうが
リコピンの吸収力が高くておすすめなのだとか。

なので、朝のサラダにトマトを盛り込むのが一番かんたんかも。

そういえば、美白効果も高いといいますし、
この夏、トマトの安い時期があったら、みて買いたいと思います。

ただ塩トマトは塩漬けしたトマトだそうですが、
どれくらい、どのように漬けていればいいのでしょうね。

ただトマトを食べるだけではダメなのでしょうかね。
 
----------------------------------------------------------------------

夏太りや紫外線による肌ダメージが気になる季節にピッタリなのが、刻んだトマトを塩漬けした「塩トマト」だ。 トマトにはダイエットに役立つ成分が多い。東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科の寺内公一教授らが40~60歳の女性を対象に行った実験では、トマトジュースをとることで中性脂肪が低下した。「トマトにはリコピンやトマトODAなど、脂質代謝や糖代謝を促す成分が含まれており、メタボ対策に有効と考えている」(寺内教授)。

また、リコピンには、紫外線によるシミやシワを防ぐ作用が期待できる。

(日経ウーマンオンライン 2016年7月27日)
-------------------------------------------------------------------------

飲む美白対策錠剤

飲む美白対策はうれしいですね。
「肌が弱い人」でも利用できる、というのはいいです。

SPF値の高い日焼け止めは、かなり肌に負担がかかるようですし・・

あと、わたしは美白化粧品でかぶれたことがあるんです。
効果が高い成分が入っていると、
特に新成分だったりすると、
それがお肌にあっているのかどうかわからないまま使うことになるので、
アレルギーが起きてしまうと、おそろしいことに。

そういう面でも、
飲んできく美白成分は頼もしい味方ですね。

ん~、でも、紫外線対策に効果があるサプリメントってどういう成分が入っているのでしょう。
一粒飲めば2時間効果があるっていうのも、なんか引っかかるというか…。
カラダに悪影響がない成分ならこの紫外線対策サプリはいいかも。

----------------------------------------------------------------------
【外出前に飲んで紫外線対策】
発売からわずか1カ月で楽天市場内の日焼け止め・UVランキングで3位にランクインした「noUV(ノーブ)」(楽天市場、PCにおける累計販売実績より / 2015年7月1日現在)。

美容外科「東京イセアクリニック」が監修した、アジア人向けの紫外線対策サプリで、1粒飲めば約2時間効果が持続するんですって!

【肌が弱い人にもおススメ】
つまり、部分的に日焼け止めを塗り忘れたり、汗や水で流れ落ちたりなんて心配が必要ナシ。日焼け止めを何度も塗りなおす手間が省けるうえに、高いSPF値のアイテムによるお肌のダメージからも解放されるというワケなのです。

Pouch[ポーチ] 2015年7月27日)
---------------------------------------------------------------

紫外線からの害を防ぐにはビタミンC摂取

紫外線からの害を防ぐため、
外出時には必ず、日焼け止めをしっかり、というのはもう常識ですね。

塗るタイプのものや、
帽子や、日傘など、もっと外側から防止するもの、
それらを併用してしっかりガードしたり、
みんないろいろ気をつけていると思います。

そして、それらの効果をあげるには、
ビタミンCを体内から補給するのが欠かせないとか。

レモンやいちご、パセリ、ブロッコリーなど、
緑黄色野菜をしっかりとるのがポイントとか。

果物を豊富にとるのは大切ですが、
果物メインでビタミンCをとるのは、糖分を多くとってしまうことになるので、
できれば、緑黄色野菜を食事として調理してとるほうがよさそうですね。

----------------------------------------------------------------------

食事でビタミンCをしっかり摂取するためには、レモンやいちごなどの果物や、パセリ、ブロッコリー、ピーマンなどの緑黄色野菜などをたっぷり食べることが大切です。

とはいえ、必要な量を毎日食事だけで摂るのは大変ですよね……。必要に応じてサプリメントで補うのが、賢い摂取方法です。

また、ビタミンCは水に溶けてしまうので、体にためておくことができません。そのため、一度にたくさん摂るより、分けて摂るほうが効果的です。

さらに、ビタミンAとビタミンEを同時に摂ることによって、ビタミンCの働きを3倍以上に高めてくれます! これは覚えておいてくださいね。

(マイナビニュース 2015年5月13日)
---------------------------------------------------------------

秋のスキンケアはこまめに保湿が基本

秋のはじまりに気になるのは、夏にうけた紫外線ダメージ・・・

しみになって後で出てくるのがこわいです。

そのためには、高価な美白化粧品ではなく、
正しいこまめなスキンケアが大切だとのこと。そうですよね。

洗顔は、ぬるめのお湯で、やさしく。
化粧水でたっぷりうるおったら、油性の乳液などでフタを。

これ、わたしはちふれの油性クリームを使っていますが、
なかなかすぐれものです。

値段もお手頃だし、アットコスメでの評判もいいんですよ。
この季節はますます、気をつけなくちゃいけないですね。

----------------------------------------------------------------------
■保湿と紫外線対策を忘れない
美肌のために大切なことは、保湿と紫外線対策。このためには、特別に高価なコスメは必要ありません。

保湿するには、正しいスキンケアをするのがポイント。まず洗顔の際は必ずぬるま湯を使用し、やさしく洗うこと。そして化粧水でたっぷりうるおいを与えた後は、乳液やクリームなどの油分を含む化粧品でフタをすることが必要です。化粧水だけでは、どんどん水分は蒸発してしまいます。

そして、そのあとは必ず紫外線対策をしましょう。これは夏が過ぎても必ずです。紫外線はシミの原因になるだけでなく、しわやたるみなどお肌の老化を進める原因になります。

(日刊アメーバニュース 2014年9月19日)
-----------------------------------------------------------------------  

サングラスで紫外線の害を防止

日焼けはお肌だけの問題ではないのです。
目から日焼けするというのもあるのですね。

結局、「紫外線が入ってきたからメラニン色素を増やそう」という働きが起きてしまうので、
目を紫外線から守るのも大切なことだそうです。

あまり気にかけていませんでした・・・
日焼け止めはお肌にだけ塗ったらいいのかと思っていたので、
目からの情報もお肌と同じように受け取ってしまうんですね。

サングラスってちょっと抵抗がありますが、
日焼けをちゃんと防ぐためなら仕方がないのかも。

----------------------------------------------------------------------
サングラスもした方が良い?
サングラスはお出かけの時はなるべく毎日かけた方が良いです。
目から紫外線が入るとシミの原因になると言う事がたくさん報じられて、サングラスがシミの予防になると知られています。

目から紫外線が入ると、「紫外線が入ってきた」という事が脳に伝達され体中に指令をおくり「メラニン色素を作れ」という指令がでます。紫外線から肌を守るという防御システムみたいなものです。大きいレンズであればなお良いです。

(マイナビニュース 2014年8月3日)
----------------------------------------------------------------------- 

ギャラリー
  • ライブドアブログ