今日のみっけモノ

美容・健康ネタなど目に止まったモノをチェック しています

炭水化物

炭水化物抜きダイエットの危険性

炭水化物抜きダイエットの危険性を指摘する本や記事がこのところ出ていますね。
 
どこが危険なのか、あまりはっきり把握していなかったのですが、
「脂質や糖質が不足した場合、たんぱく質にはさまざまに形を変えて利用される性質」とは、
知りませんでした。

ということは、代わりとなっても大丈夫なだけ、
タンパク質などを摂取していないと、必要な成分が足りなくなってしまう、と。

昔、給食の時間のアナウンスで、
「血や肉になるもの」がタンパク質で、
「力になるもの」が糖質、脂質、という感じでしたが、

まさにそのとおりで、体の中身のパワーになる脂質をちゃんととっていないと、
基本的な機能がおとろえてしまう恐れが・・

思い込みで体にいいダイエットをしているつもりなのも困るなあと思いました。

----------------------------------------------------------------------
〈脂質や糖質が不足した場合、たんぱく質には、さまざまに形を変えて利用されるという性質もあります。小型の糖であるグルコースに変わり脳や赤血球に、また脂質の代わりにケトン体となってエネルギーを供給します〉

〈ヒトの脳は重量にして全身の2パーセントに過ぎませんが、エネルギーは全体の20パーセントを消費します。ところが脳には糖質がまったく蓄積されていないため、血糖値が下がりすぎるとヒトは意識を失ってしまいます。物騒な話ですが、首を絞められたヒトが、心臓や肺が機能していても意識を失ってしまうのは、脳にエネルギーが供給されなくなるためです〉

〈糖質の摂取量が足りない場合、体のたんぱく質や脂肪組織が分解されてエネルギーとして利用されます〉

つまり、糖質を制限した場合、他の栄養素で代替させることはできますが、それはとりもなおさず、他の栄養素も連鎖的に不足する可能性がある、実はとても恐いことだったのです。

(現代ビジネス 2015年12月20日)
----------------------------------------------------------------------------

○○抜きダイエットなど極端ダイエットの代償

「炭水化物抜き」ダイエットは、
もっとも手軽にできるダイエットですね。

ごはんやうどんを意識して食べなければ、
かなりやっているかたちになりますから。

でも、それをやることで自分の状態が悪くなっては元も子もありません。
脂抜きも炭水化物抜きも、もともと人のからだに必要だから栄養としてとられているのを、
害になったからすべて取り除く、ではちょっと極端すぎますよね。

やはり適度な運動と組み合わせながら、
炭水化物もちゃんと適切にとって、
健康を保ちながらでないと意味がないです。

ヨーグルトも、間食としてとる分にはとっても素晴らしいのですが、
それだけ、とかにしてしまうと、
欠けている栄養素がたくさんあって、困ったことに・・・

なにごともやりすぎは禁物です。

----------------------------------------------------------------------
炭水化物抜きダイエットで、摂食障害や生理不順に!

・「炭水化物抜き。途中でうつ病になって、なんか追い詰められていって、そのまま強迫観念でダイエットを続けてしまい、摂食障害になってしょっちゅう街中とかでぶっ倒れていた」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「高校生のころに、炭水化物や油分をほとんどとらずにいたら、生理不順になった」(33歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

炭水化物抜きダイエットによる効果は人それぞれ。それをすることで気分も体調もよくなったという人もいれば、上記のようにうつ病になったり生理不順になったりする人も。一般的にいいとされるダイエットでも、中には自分に合わないことがあるので注意しましょう!

(livedoor 2014年10月29日)
-----------------------------------------------------------------

ギャラリー
  • ライブドアブログ