今日のみっけモノ

美容・健康ネタなど目に止まったモノをチェック しています

日焼け

紫外線ケアは若いころから

きれいな白い肌のタレントさんなど見ると、
どのくらいお金かけてるのかなとか邪推してしまうのですが・・

高校時代から常に日傘サングラスで過ごしていたという泉里香さん。

やっぱり基本の「ケアする」という意識が違いますね。

わたしはどっちかというと、
日向でも気にせずどんどん焼けてしまっていたので、
いまごろになって後悔しても遅いのかも。

私が若い頃は、そういう時代だったんですよね。

小麦色の肌が健康的だ、みたいに。

色が白いと、病弱だというイメードだったり、
家の中にばかりいて積極的でない性格、というイメージなんかもありました。

時代が変わって、
日傘のありがたさは最近わかってきました。

他の暑さ防止・日差し防止アイテムと比べて、
風通しがよくて涼しいので、
心地いいなあと思うことが増えたので最近はときどき使っています。

-------------------------------------------------

くすみとは無縁の、美白肌を誇る泉里香さん。なんと、お母様のススメで、高校時代から夏の外出時は、常に日傘を差してサングラスをしていたとか。
「暑いのが苦手で日傘はマスト。目から入る紫外線にも気をつけるべき、との教えでサングラスも習慣になっていました。それでもロケなどで日差しを浴びた日の夜は、ほてりを鎮めてから集中美白と全身保湿を。さらに、ビタミンCのサプリやフルーツもたくさんとって、内側からの白肌回復も心がけています」

〝日焼けしたと感じたら、速攻冷やして抗炎症!〟

(ウーマンエキサイト -2017年9月8日)
--------------------------------------------------

日焼け後の美白ケアはまず冷やして

日焼け後の美白ケアは、
すぐに美白化粧品をつけたらいいかと思いきやそうではないとか。

日焼け後すぐに効果の高いものをつけると、
荒れやすくなるのだそうです。

美白化粧品は効果がある分、成分的にも強めなので、
日焼け後の肌にはちょっと強烈なのですね。

わたしは美白化粧品でかぶれたことがありますが、
あのときは肌が敏感になっていたせいもあるのかも。

日焼けしたらまずは美白前にクールダウンして、
しっかりお肌が冷え、
やけどが落ち着いた状態になったら
本格的なケアに入るのがよいようです。

誤解しがちなところですよね。
 
----------------------------------------------------------------------

日焼けをしたらすぐに美白化粧品でケア…なんて事はしていませんか。
日焼け後すぐに美白ケアを行うのではなくまずは肌のクールダウンをしましょう。

紫外線を浴びた後の肌は赤みを帯びて炎症を起こしている状態なのです。
日焼け後のダメージを受けて弱り切っている肌に美白対策をしても浸透しません。

また、日焼け後すぐに刺激の強い化粧品をつけると刺激のせいで肌が荒れやすくなることもあります。
なので日焼け直後につける化粧品は低刺激で肌に優しいタイプのものをつけるようにしましょう。

まずはお肌を正常に戻しほてりがおさまってから、美白ケアを行うと効果的。
場合によっては2~3日かかる時もあります。日焼け後の肌は特に敏感になるので注意しましょうね。

(livedoor 2016年7月11日)
-------------------------------------------------------------------------

メラニン生成をおさえ美白をキープする

日焼け止めをなんとなく塗ってそれで安心していてもダメですね。

特に野外などで、何度も塗り直すときは、
やっぱり日焼けの危険が高そうなところを、
無駄なく塗り直したいですし。

頬からこめかみ付近には、
紫外線に対する反応が高い原因があって、
塗り直しが必要な場所ナンバーワンのようです。

個人的にはいつも、鼻の上とか、頬骨の上あたりが赤くなりやすいので、
そのへんにはメイクから紫外線の害をさけるような心遣いをしています。

美白ケアは、日焼け後3時間以内くらいにはじめると、
メラニンの生成をふせぐことに間に合うので、有効だとか。
日焼けしてしまったときには思い出して、ケアをがんばりましょう。

----------------------------------------------------------------------
■美白の常識1:シミができやすい危険ゾーンは?

紫外線を浴びると肌の中にメラニンが作られ肌を黒化させますが、それが一部にできて濃く見えるのがシミです。顔には凹凸があり紫外線の当たり方も紫外線に対する肌の反応も均一ではありません。

そのようなさまざまな要因が重なって、シミが最もできやすい危険ゾーンが、頬からこめかかみ近辺です。

(マイナビニュース 2014年7月14日)
-----------------------------------------------------------------------  
ギャラリー
  • ライブドアブログ