今日のみっけモノ

美容・健康ネタなど目に止まったモノをチェック しています

ビタミンC

ビタミンCたっぷりのみかんを工夫

ビタミンCたっぷりのみかん。

寒くなってきて、おいしい時期が近づきました。

まだちょっと、値段は高いかなと思いますが、どうでしょうか。

みかんは、そのままぽいぽい食べられるところがいちばん好きなので、
あまり加工したりする気持ちはないのです。

でも、余ってきたとき、困りますね。

ゼリーにしたり、ヨーグルトに混ぜたり、
いろいろ工夫しようがあるようですが・・

あとは皮もいっしょに使うなら、
ジャムも手軽な選択肢ですね。

ただし、お砂糖を山ほど使うことがわかっているので、
ちょっと作りにくいなとは思います。

そういえば、私が小さかった頃は、
毎年、冬になると、みかんを段ボールで買ってきて、
こたつに入りながら
せっせと食べたものでした。

いまでは、段ボールで買うということもなくなりました。

ビタミンCが多くて美肌に良いので、
冬の間はみかんを食べる習慣をつけてもいいかもですね。

-------------------------------------------------

秋~冬が旬の「みかん」。2月頃までおいしくいただけます。包丁を使わず手軽に食べられるみかんは、朝フルーツやおやつにとっても便利。美肌作りに欠かせないビタミンCも豊富で、冬の美肌作りや風邪予防に欠かせない存在です。

みかんには肌細胞のコラーゲン生成をサポートする「ビタミンC」や、抗酸化作用の高い「カロテン」が豊富です。夏に蓄積された紫外線ダメージが出てくる秋冬の美肌ケアには欠かせません。

(ニコニコニュース -2017年11月24日)
--------------------------------------------------

紫外線からの害を防ぐにはビタミンC摂取

紫外線からの害を防ぐため、
外出時には必ず、日焼け止めをしっかり、というのはもう常識ですね。

塗るタイプのものや、
帽子や、日傘など、もっと外側から防止するもの、
それらを併用してしっかりガードしたり、
みんないろいろ気をつけていると思います。

そして、それらの効果をあげるには、
ビタミンCを体内から補給するのが欠かせないとか。

レモンやいちご、パセリ、ブロッコリーなど、
緑黄色野菜をしっかりとるのがポイントとか。

果物を豊富にとるのは大切ですが、
果物メインでビタミンCをとるのは、糖分を多くとってしまうことになるので、
できれば、緑黄色野菜を食事として調理してとるほうがよさそうですね。

----------------------------------------------------------------------

食事でビタミンCをしっかり摂取するためには、レモンやいちごなどの果物や、パセリ、ブロッコリー、ピーマンなどの緑黄色野菜などをたっぷり食べることが大切です。

とはいえ、必要な量を毎日食事だけで摂るのは大変ですよね……。必要に応じてサプリメントで補うのが、賢い摂取方法です。

また、ビタミンCは水に溶けてしまうので、体にためておくことができません。そのため、一度にたくさん摂るより、分けて摂るほうが効果的です。

さらに、ビタミンAとビタミンEを同時に摂ることによって、ビタミンCの働きを3倍以上に高めてくれます! これは覚えておいてくださいね。

(マイナビニュース 2015年5月13日)
---------------------------------------------------------------

ラズベリーには肌によりビタミンCとエラグ酸

美肌にいいフルーツといえば、ビタミンCが含まれているもの・・・
という連想がありますが、

やっぱりそのとおりで間違いないみたいです。

ただ、そこにラズベリーだと、
いちごにも豊富なビタミンCと、エラグ酸、食物繊維が含まれていて、
より美肌効果が高いフルーツといえそう。

フルーツに含まれる果糖は血糖値に影響しないともいわれてはいますが、
やっぱりそんなことはなくて、糖は糖だから要注意という意見も。

やはり、糖分が多いのは果糖といえど要注意かなというのが個人的な感想ですね。

ただラズベリーは、糖度的にはそれほど高くはないので、
美肌のために継続してとっても問題なさそうです。
 
----------------------------------------------------------------------

ラズベリーにはいちごにも含まれるビタミンC、エラグ酸、食物繊維などの美肌成分が含まれています。

昨今、糖化が老化をまねくことが注目されているなか、フルーツに含まれる果糖は血糖値に影響しないとも言われています。しかし、果糖は、血圧を上昇させたり、お腹周りの脂肪を増やすなどの悪影響も指摘されています。そこで、摂り過ぎに注意する他、糖分の低いフルーツを選んで摂取することが重要となります。
今回ご紹介した3つのフルーツはいずれも糖分の比較的低いフルーツです。
参考にしていただき、明日のキレイへ繋げていただきたいと思います。

(女子力アップCafe Googirl 2014年9月30日)
-----------------------------------------------------------------------

ギャラリー
  • ライブドアブログ