今日のみっけモノ

美容・健康ネタなど目に止まったモノをチェック しています

トマト

ミニトマトは栄養が豊富

トマトは、健康を扱う番組のクイズで、
いつも正解になるほど、
健康・美容に高い効果がある野菜です。

印象として大きいのは、美白効果ですよね。

メラニン色素の沈着を防いでくれるのは有名です。
あと、ビタミンCがたいへん豊富です。

それが、ミニトマトが、
実はトマトの2倍、ビタミンCを持っているそうで、
さらに健康効果が高いとか。

ミニトマト10戸で1日の必要量の1/3をカバーするといいますから、驚きです。

あと、こちらも有名な抗酸化作用、ミニトマトのほうが豊富だそうで、
これはどうしてなのでしょう?

小さな実だから少ないのではなくて、
ギュッと凝縮されて、さらに良い成分の密度が高まっているのかもしれないと想像します。

小さくても、しっかり全部が赤くなるし、
赤いほうが、中身も濃いのではと想像しますよね。

種を出さずにそのまま調理するので、
捨てる部分がなく、栄養も欠けることなく摂れるということかも。

-------------------------------------------------

シミ・しわを防ぐ
ミニトマトはシミの元となるメラニン色素の沈着を防ぎ、体内でのコラーゲン生成に欠かせないビタミンCの含有量がトマトの2倍。ビタミンCの目標摂取量は1日、100mg(※1)ですが、ミニトマト10個ほどで、1/3をカバーできます。
また、抗酸化力がビタミンEの100倍ともいわれるリコピンの含有量もミニトマトの方が豊富で老化を防ぎ、しわ予防にもなります。

(ガジェット通信 2019年11月12日)
--------------------------------------------------  

トマト味噌汁でいいとこどり

トマトにふくまれるリコピンは、
美白に役立つとして、
もう定番の野菜になっていますね。

わたしの場合は、トマトを圧倒的にサラダでとることが多いです。

トマトのリコピンは、
コラーゲンの合成も促すそうなので、
もっと頻繁に、いろいろなバリエーションで食べたいところですが、
サラダしかないとなかなか難しいですよね。

でも、トマト味噌汁というのが取り上げられていて、
これだと、いろんな献立にあわせることもできるし、
食べやすそうだなと思いました。

味噌は発酵食品なので、
たぶん体にいいベースとなってくれそうだし、
リコピンと同時にとることで、
よい成果が現れそうです。

体もあたたまるし、一石二鳥ですね。

-------------------------------------------------

これを同時に改善するために役立つのが、「トマト」と「味噌」です。そして、この2つが一緒にとれるレシピに「トマト味噌汁」があります。

夏の身体をケアしてくれる、今こそ食べたい一品です。ぜひ、この夏の定番にしていただきたいものです。

(エキサイトニュース2019年8月5日)
-------------------------------------------------- 

トマトを食べる美白習慣

美白というか、シミを予防できるとして
トマトがたいへん注目を集めています。

昨年の夏あたりからでしょうか、
トマトを朝ひとつ食べておくだけで違う!
というような話からはじまり、
トマト鍋がブームになったのも、
美白がきっかけだったからかも。

トマトを取り入れたレシピは
美白に役立つものとして、
かなり人気が高いようなので、
レストランだけでなく自宅でも、
生野菜以外のトマトをしっかり食べる家が増えているのかもしれません。

特に独り暮らしの女性などは、
価格も高い旬ではないトマトでも
1つとかなら買いやすいので続けやすい美白習慣かもしれないですね。

これからの季節だと、
やはりトマト鍋がいいかもですね。

鍋にするとけっこう多く食べられますので、
トマトで美白対策できますね。

-------------------------------------------------
カフェで食べるようなおしゃれなワンプレートレシピの紹介です。今回は、鶏肉とかぼちゃのトマト煮込みを中心に、五穀ご飯、サラダ、アボカド、人参のラペをひとつのお皿に盛り付けています。鶏肉には良質なタンパク質、かぼちゃにはカロテンやビタミンCを多く含み、トマトにはリコピンが含まれます。また人参やアボカド、ナッツなど栄養たっぷりのレシピですよ。美容に気をつけたい時はしっかりと食べて、内側と外側、両面からのケアをしてみてはいかがでしょうか?

(PR TIMES (プレスリリース)- -2017年12月25日)
--------------------------------------------------

 

赤い食べ物が体にいい

赤い食べ物が体にいい、というのがあって、
そのうちのひとつはトマト、もうひとつは梅干し、だそうです。

赤い食べ物、といえば、
にんじんとかも思い浮かぶのですが、
あれは赤いものがカロテンですよね。

トマトの鮮やかな赤はなにでしょうか?
リコピンとはまた違うように思いますが。

そして、赤い食べ物の2つめは梅干しだそうです。

梅干しの赤は、果実自体の赤ではなく、
いっしょにいれるしその赤かなと思いますが、
それでも結果として赤い食べ物で、
体にいいという結論のようです。

私は小さいころから
梅干を食べる習慣がなかったので
今でもたまにしか食べませんが、
トマトは食べる方だと思います。

特に夏は、毎日のように食べていました。

-------------------------------------------------
「トマトが赤くなると医者が青くなる」といわれるように、トマトは健康効果が抜群。野菜料理家の庄司いずみさんの著書「デトックス・ベジ事典」(主婦の友社刊)によると、トマトの鮮やかな色の元である「リコピン」には、脂肪細胞の成長を抑える作用があり、太らない体をつくるのだとか。さらに、女性にとってはうれしいメラニンの生成を抑え、コラーゲンを生成するという、美肌効果もあるといわれています。

(アサジョ (ブログ) -2017年10月9日)
--------------------------------------------------

旬のトマトをうまく取り入れる

夏は美白が気になるシーズン。

昨年、トマトは朝たべることで
美白成分を効果的につかえるので、
朝とるのがよいときいたので、今年は実践しています。

老化防止・活性酸素の除去といったトマトの効果、
やっぱり夏のこの時期活かしたいですから。

さらに旬が夏なので、リコピンの量も夏に増えるそうですよ。

旬ゆえに値段もぐっと下がるし、
地物野菜としてもたくさん出回っています。

美白化粧品をあれこれ考えるより、
トマトを食事にとりいれていくのを工夫していきたいですね。

私は、5年ほど前までは、
家庭菜園でミニトマトを育てていて、
毎日のように新鮮なトマトを食べていました。

5年ほど前に、家庭菜園をしていた場所を
違う目的のために使うことになって、
それ以来やつていませんが…。

でも、ご近所さんの農家さんから、
ときどきトマトを頂くことがあのます。

こういうトマトってスーパーで売っているトマトより、
トマトっぽい味がするというか、
スーパーで売っているトマトってなんか物足りなさを感じることがあるんですよね。


-------------------------------------------------
トマトはサラダに入れてもお弁当に入れても鮮やかな赤色で、料理を美しく彩ってくれます。このトマトの赤にはリコピンという抗酸化力のある色素栄養素が含まれているのです。このリコピンのすごいところは、老化防止・活性酸素の除去といったアンチエイジング効果がとびぬけているところ。

さらに、トマトの旬である夏には、このリコピンの量も増えますので、夏のトマトは美肌のためのサプリメントのような存在と言えるでしょう。さらにトマトには夏場にうれしい紫外線防止効果まであるので、夏のトマトは食べなければもったいないですね。

(ウーマンエキサイト -2017年7月28日)
--------------------------------------------------

ギャラリー
アーカイブ
RSS
  • ライブドアブログ