今日のみっけモノ

美容・健康ネタなど目に止まったモノをチェック しています

トマト

旬のトマトをうまく取り入れる

夏は美白が気になるシーズン。

昨年、トマトは朝たべることで
美白成分を効果的につかえるので、
朝とるのがよいときいたので、今年は実践しています。

老化防止・活性酸素の除去といったトマトの効果、
やっぱり夏のこの時期活かしたいですから。

さらに旬が夏なので、リコピンの量も夏に増えるそうですよ。

旬ゆえに値段もぐっと下がるし、
地物野菜としてもたくさん出回っています。

美白化粧品をあれこれ考えるより、
トマトを食事にとりいれていくのを工夫していきたいですね。

私は、5年ほど前までは、
家庭菜園でミニトマトを育てていて、
毎日のように新鮮なトマトを食べていました。

5年ほど前に、家庭菜園をしていた場所を
違う目的のために使うことになって、
それ以来やつていませんが…。

でも、ご近所さんの農家さんから、
ときどきトマトを頂くことがあのます。

こういうトマトってスーパーで売っているトマトより、
トマトっぽい味がするというか、
スーパーで売っているトマトってなんか物足りなさを感じることがあるんですよね。


-------------------------------------------------
トマトはサラダに入れてもお弁当に入れても鮮やかな赤色で、料理を美しく彩ってくれます。このトマトの赤にはリコピンという抗酸化力のある色素栄養素が含まれているのです。このリコピンのすごいところは、老化防止・活性酸素の除去といったアンチエイジング効果がとびぬけているところ。

さらに、トマトの旬である夏には、このリコピンの量も増えますので、夏のトマトは美肌のためのサプリメントのような存在と言えるでしょう。さらにトマトには夏場にうれしい紫外線防止効果まであるので、夏のトマトは食べなければもったいないですね。

(ウーマンエキサイト -2017年7月28日)
--------------------------------------------------

色白・美肌になる塩トマト

美肌を保ちながら、肌ダメージを回復に導く・・

というとサプリメントや美容液が思い浮かびますが、
今回は、「塩トマト」というのがピックアップされていました。

トマトは、中性脂肪の低下につながるなど、メリットの多い食材です。

トマトの栄養は朝にとったほうが
リコピンの吸収力が高くておすすめなのだとか。

なので、朝のサラダにトマトを盛り込むのが一番かんたんかも。

そういえば、美白効果も高いといいますし、
この夏、トマトの安い時期があったら、みて買いたいと思います。

ただ塩トマトは塩漬けしたトマトだそうですが、
どれくらい、どのように漬けていればいいのでしょうね。

ただトマトを食べるだけではダメなのでしょうかね。
 
----------------------------------------------------------------------

夏太りや紫外線による肌ダメージが気になる季節にピッタリなのが、刻んだトマトを塩漬けした「塩トマト」だ。 トマトにはダイエットに役立つ成分が多い。東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科の寺内公一教授らが40~60歳の女性を対象に行った実験では、トマトジュースをとることで中性脂肪が低下した。「トマトにはリコピンやトマトODAなど、脂質代謝や糖代謝を促す成分が含まれており、メタボ対策に有効と考えている」(寺内教授)。

また、リコピンには、紫外線によるシミやシワを防ぐ作用が期待できる。

(日経ウーマンオンライン 2016年7月27日)
-------------------------------------------------------------------------

リコピンをあたたかお料理でダイエット

リコピンというと、抗酸化作用があるということで有名ですよね。

夏野菜なので基本的に夏場に話題になることが多いですが、
今の時期だと、あったかいシチューとか、
焼きトマト、トマトグラタンとか、
やっぱりあったかいメニューが思い浮かびます。
冷たいものも熱いものも、どちらもおいしいところがいいですよね。

あたたかいもののほうが基礎代謝に貢献するのだそうで、
この季節にたまにはトマトダイエットを意識するのもよいのかも。

----------------------------------------------------------------------

まずリコピンについてですが、リコピンには抗酸化作用があり、美白やシワ、たるみから肌を守る美肌作用が確認されています。それほど美肌効果を望めるなら、リコピンを多量に含んだ食品を積極的に取りたいものですよね。

では、リコピンを多く含む食品ですが、冷たくても温めても美味しく食べられる、トマトが代表的。100グラムにつきリコピン3,041μg (マイクログラム)を含むトマトは、ビタミンAとC、Kも豊富です。寒い冬は、トマト鍋やスープにして食べれば体が温まり基礎代謝が上がるので、ダイエット効果も期待出来ちゃいます。

(マイナビニュース 2016年1月4日)
----------------------------------------------------------------------------

ギャラリー
  • ライブドアブログ