デスクワークでからだが硬直しがちな人に向いた、
「ひねりストレッチ」が紹介されていました。

確かに、こういうストレッチで腰回りをほぐすと、
身体がらくでいられます。

わたしもデスクワークなのですが、
けっこう自由な職場なのと人目がないので、
椅子に座ったままヨガ的なポーズをとりながら
仕事をすることもあります。

疲れてくると、あぐらをかいて、
腰が伸びるよう足をくみかえたりとか工夫もします。

まわりからみると、
なんだか奇異な姿勢だとは思うのですが、
腰まわりがうっ血するというか、
重苦しいときには座っているのもつらいので、
しかたがないのですよね。

最近は、野球ボールを腰にはさんでマッサージ的なのも試しています。

デスクワークは姿勢の悪さ、
ひいては美容との戦いです。

-------------------------------------------------

(1)横向きになり、片脚を立てる
体を横向きにし、右脚は床につけて伸ばし、左脚はひざを立てる。右ひじは肩の真下で床につき、左手のひらは床につけて体を支える。

(2)骨盤を立てて90秒キープ
立てた左脚を前側に持ってくる。骨盤が後ろに傾きやすいので、床に対して垂直に立てるよう意識。右脇腹の伸びを感じながら90秒キープ。反対側でも同様に行う。

(日経ウーマンオンライン -2017年8月2日)
--------------------------------------------------