今日のみっけモノ

美容・健康ネタなど目に止まったモノをチェック しています

シミ

グルタチオン注射で解毒シミとり

美容のために薬剤の注射をする、というのには、
私個人としては、抵抗があります、正直なところ・・

基本的には人間の体に備わっているいろいろな力をちゃんと保って、
弱いところは補給してやり、
できるだけ酸化してしまわないように、栄養をとる、
というのが大事だと思うので。

パーキンソン病の治療で関心が世間的に高まっているという、
「グルタチオン」という成分。

こちらには、肝機能回復の効果が期待されており、
さらに、シミなどの肌トラブルに効果的というのがもうひとつの注目の理由です。

重金属や、食品添加物などをとりのぞいてくれて、
肝臓の弱まりが原因のトラブルから復帰させてくれるとのこと。

病気や、あきらかな不調だったら、
このような薬品を注射して、
効果をみていくのは大切ですが、
単純に美容のためには、ちょっとなんとなく抵抗があります。

ただし、シミのために生活の楽しさがなくなってしまっているとか、
人によっては美容のことが、
とても重きをおかれる出来事だったりもしますよね。

そんな方には救いとなるニュースなのかもしれません。
 
----------------------------------------------------------------------

グルタチオン注射をオルソクリニック銀座が開始解毒作用があり、パーキンソン病の治療でも関心の高い「グルタチオン」。

肝機能回復の他、シミやくすみなどの肌トラブルにも効果的だとされ、話題を集めている。

二日酔いや美白効果が期待されるグルタチオンの点滴・注射療法を、医療法人オルソ・マキシマス オルソクリニック銀座が開始した。

グルタチオンの効果は以下の通り。

解毒作用アルコールを摂取した時に生成されるアセトアルデヒドと、グルタチオンに含まれるアミノ酸の1つが結びつき、尿となって体外へ排出してくれるため、二日酔いになりにくい。

さらに、重金属や食品添加物のような有害物質を排除することで、パーキンソン病に治療薬としても効果が期待されている。

(インフォシーク 2016年9月26日)
-------------------------------------------------------------------------

美白ケアは夏より冬こそ効果あり

美白は、肌に白い色を塗るわけではなくて、
お肌の中のメラニンを追い出すことができればそれでいいわけです。

なので、冬で、新しいメラニンの生成が活発には行われない季節は、
美白の大チャンス!なんです。

つい、夏に比べるとケアを怠ってしまいがちですが、
そうではなくて、
冬こそお肌の手入れをすることで、
夏よりも確実にシミのもとを追い出すことができるのですね。

美白が話題になるのは、夏の終わりなどが多いので、
そういえば気づいていませんでした・・

これから、乾燥がますます気になり始めるし、
美白ケアも同時に行っていきたいと思います。

----------------------------------------------------------------------
冬の間にシミの悩みを改善するためには?

ジリジリと照りつける太陽とはしばらくお別れ。太陽の光も穏やかになり、紫外線量も減少します。とはいえ、油断は禁物。夏に比べて弱くなりますが、1年中季節、天候を問わず降り注ぐのが紫外線なのです。年間で最も紫外線量が少なくなる冬。大きなダメージを与える原因が減少している間に、しっかりケアをすればシミや色素沈着を改善するチャンスです!

(女子力アップCafe Googirl 2014年12月1日)
-----------------------------------------------------------------

ギャラリー
  • ライブドアブログ