今日のみっけモノ

美容・健康ネタなど目に止まったモノをチェック しています

コラーゲン

コラーゲンを作りやすい体に

コラーゲン補給をうたっている製品はかなり多いと思うのですが、
ほんとうは、体内で供給されるものなので、
それそのものを摂っても、
そのまま摂取できるのかはわからないんですよね。

その点、コラーゲン生成を助けるものを摂ると、
体内で行われている必要成分の生産が、
効率よく行われることで実績があるそうです。

アロエステロールというその物質は、
コラーゲンやヒアルロン酸の生産量が多くなるそうですね。

アロエはこれまでも、
傷口の改善など他の植物にない効果の特徴をもっています。

これでますます注目されますね。

私は以前、宅配でアロエのドリンクを毎日飲んでいた時期がありましたが、
なんとなくやめてしまったんですよね。

この記事を読んだら、また飲もうかなと思い直しています。

--------------------------------------------------

◎コラーゲン・ヒアルロン酸の生産力アップ
肌のハリや水分を保ち、美肌を保つ為には、コラーゲンやヒアルロン酸が不可欠ですが、加齢と共に自分で作り出す力は減少していきます。
しかし、「アロエステロール」を摂取し続けることで、コラーゲンやヒアルロン酸の生産量が約2倍まで増えることが、研究によって分かりました。
外からのスキンケアでは、補いきれない成分を、内側から高めることが出来る為、美肌効果が期待出来るということです。

(エキサイトニュース -2017年3月29日)
------------------------------------------------- 

美肌に効果的な「ケイ素」

ケイ素というのには、注目したことがありませんでした。

コラーゲンほど知名度がないけれど、
コラーゲンのつながりを、結束を強くする働きを持っているのだとか。

なので、コラーゲンとケイ素を取ればいいということですね。

ケイ素含まれている食品は、
大麦・キビ・玄米、海草類、のり・わかめ・昆布など、
わりと身近な食材ですね。

あと、ケイ素が入ったミネラルウォーターなどもあるのだとか。

コラーゲンはもう十分に浸透していて、
さまざまなかたちで提供されていますが、
ケイ素はまだ私自身は、意識するほどであったことない気がします。

今度、注目してみようと思います。
 
----------------------------------------------------------------------

接着剤の役割があり、内側からの健康美を助けてくれる「ケイ素」。
(別名はシリカです)

美肌に欠かせない成分として有名なのは、コラーゲンですよね。
ケイ素はまだコラーゲンほど知られてはいませんが、その美容効果は研究でも明らかになっていて、医学的知見からも実証されているそうです。

組織と組織をコラーゲンがつなぎ、コラーゲンの束の結束を強くするのがケイ素です。
接着剤のようにお肌のすきまをうめてくれるケイ素は、ふっくらと保水性のある、うるつや美肌へと導いてくれる働きがあるのです。

(日刊アメーバニュース 2016年9月5日)
-------------------------------------------------------------------------

コラーゲンにプラス・セラミドもサプリで

コラーゲンを補って美肌へ・・・とはよく聞きますが、

どうやらそれだけではダメなようで、
同時に、お肌に必要な成分もちゃんと入れてやらないとだめなそうです。

「フラコラ セラミド」。
とは、お肌のバリア機能をつかさどっている「セラミド」をしっかり必要量含有したサプリメント。

食べ物からとれたらいちばんいいでしょうが、
それはなかなか難しいのと、
食べ物から必要量をとるには、
カロリーなども心配になってしまう、というのも一因で、

セラミドも積極的にサプリメントで補給するのが向いているようですね。

これまであまり美容成分をサプリでとろうと思っていませんでしたが、
組み合わせて効果が出るのなら、サプリで補った方が効率的な感じがします。

----------------------------------------------------------------------
関西の百貨店で美容部員をしている白川凛でございます。

 お肌はコラーゲンだけでできているわけではありません! という訳で、前回は「エラスチン」をご紹介しました。本日ご紹介の「セラミド」ですが、こちらもお肌には欠かせない成分です。特にお肌が敏感な方は必読ですよ!

 ズバリ、お肌のバリア機能を司る成分がこのセラミド。お肌が荒れやすい、体調が肌に出やすい、季節の変わり目に肌が荒れやすい、化粧品をかえると肌が荒れる、使える化粧品が限られている、お肌の表面がカサカサする、キメが荒れている、お化粧水をつけてもすぐに乾燥する、等々。これ、お肌のバリア機能が低下しているサインです。

(インフォシーク 2014年10月8日)
----------------------------------------------------------------------- 
ギャラリー
  • ライブドアブログ