今日のみっけモノ

美容・健康ネタなど目に止まったモノをチェック しています

クレンジング

美容のかなめは落とすケア

美容のかなめは、
まず落とすケアなのだとか。

わたしはかなり無頓着で、
若いころはよくメイクのままで
眠ってしまったりしていました。

いまもとても丁寧とはいえませんが、
それでも昔よりは、ちゃんとメイクを落としてから
眠る習慣はついている気がします。

以前は朝シャワーを浴びていたので、
わざわざ落とすことが面倒だったんですよね、夜に。

しかし今は、いろいろ考えて、
夜にお風呂に入って寝て、
朝は最低限のケアで済ませるようにしたため、
朝、お肌の調子がいいと思うことが増えた気がします。

しっかりメイクをとって、
丁寧にお手入れして眠ればそれだけで、
かなりお肌が復活することに手を貸せている気がします。

-------------------------------------------------

優秀なスキンケアアイテムが豊富に揃う中、あなたが特に大切にしているスキンケアはどれですか?クレンジング・洗顔の落とすケア、化粧水・乳液・クリームの与えるケア、美容液・マスクなどのスペシャルケアと、大きく分けて3つのステップの中、特に重要なのが最初の「落とす」ケアです。

(ウーマンエキサイト- 2018年11月24日)
--------------------------------------------------

マンダムの新しいクレンジングシリーズ

マンダムは、昔々みた男性化粧品の印象も強いですが、
もちろん総合的にさまざまな製品をあつかっています。

今度、ビフェスタというスキンケアブランドからは、
クレンジング関連の新製品が発売になるそうですね。

お肌のタイプと、
仕上がりタイプによって種類があって、
選べるのは魅力的ですね。

ビフェスタにはふき取りシリーズもあって、
これは化粧水由来ですが、
メイク落としから化粧水までが1つで完了するそうです。

クレンジングでふき取りタイプは、
やっぱり水分たっぷりなのがお肌へのダメージが少なくて使いやすいので、
私ならこれを選びたいですね。

-------------------------------------------------

水クレンジング”という新しい価値を提案し、忙しい生活の中でも、時間をかけず、いつもキレイでいたい女性達に支持され、シェアを広げてきました。

「クレンジングローション」は、従来の化粧水由来の洗浄成分に加え、新たな保湿性洗浄成分をプラスすることで、素早くメイクとなじんで落とし、さらに保湿性洗浄成分のスキンケア効果によりクレンジング後のうるおい感も向上。

(時事通信 -2017年8月27日)
--------------------------------------------------

クレンジングのみで洗顔しない肌づくり

このごろ、シャンプーは地肌に悪いから、
シャンプーなしで洗髪する人の話題をみたりします。

「洗い落とす」ための物質が、
肌に悪い影響を与えるというのですが、
昔はこういうのがなかったので
不潔だったり肌に炎症が起きたりしていた過去もあるのですよね。

だから、使い方と、程度の問題のような気もします。

クレンジングでメイクを落とすのは、
洗顔とは成分が違って、
肌の油分や汚れを積極的に落とすようにはできていないのだとか。

お肌のよごれとメイクのよごれは成分が違うから、
洗うものが違えば落ちたり落ちなかったりするということなのですね。

実はあんまり意識してませんでしたが、
これならすぐ挑戦できるので、
お肌の調子がいまひとつのときなど、
肌をいたわるために試みたいと思います。

--------------------------------------------------

1日が終わって、メイクをクレンジングで流して、洗顔料でお肌をゴシゴシと洗っている女性は多いのではないでしょうか。もちろんその方法も間違ってはいませんが、人によってはクレンジングのみの洗顔がお肌にいいということを知っていますか?

クレンジングオイルのみ洗顔は、まさにその名の通りクレンジングでメイクを落とし、洗顔料でのケアは行わない、詰めていうとW洗顔を行わないで「肌の皮脂を適量残した状態を保つ」という洗顔法です。

この方法で洗顔することにより、肌に適度な皮脂を保ち、肌への負担を軽くすることができるため肌ダメージを減らすことができるのです。

(エキサイトニュース -2017年3月10日)
-------------------------------------------------

美肌のためのオイルクレンジング

美肌のためにはクレンジングがとても大事だ、
といくつかのニュースなどでよくみています。

クレンジングを夜さぼると、
けっこうなお肌への影響があるんだそうで、
これは、乾燥や小じわの原因にもなってしまうのだとか。

そして、そのクレンジングの手段ですが、
ウェットティッシュ的なものでこすって落とすのは、
あまりよくないようです。

こするのは、お肌にとって、
人間が思うよりもだいぶ負担がかかるようですね。

なので、オイルクレンジングのような、
溶かして負担をかけずに落とすことができるアイテムが、
いちばんよいようです。

オイルクレンジングも、
最近はかなりリーズナブルなものも出ているので、
そういったものを自分でみつけて、
あったオイルを使うのがのぞましいです。
 
----------------------------------------------------------------------

毎日のスキンケアで、無意識に行ってしまっている肌を「こする」という行為。
この「こする」ことが、シミやしわ・顔のたるみを作り、肌を劣化させてしまう原因になると言われています。

プロのメイクさんの間でも、美肌ナンバーワンに選ばれる「綾瀬はるか」さん。
透明感があり、真っ白な肌が羨ましいですよね!
そんな彼女も、「こすらない」ことを徹底して行っているそう。

それでは、「こすらない」美容法のポイントをご紹介します。

【クレンジング】
無駄な摩擦が生じないよう、滑りの良いオイルクレンジングがオススメです。
目の周りは特に、しっかり落とそうとこすってしまいがちなので、ゆっくり丁寧に落としてください。
色素沈着も防ぐことが出来ます。

(エキサイトニュース- 2016年10月22日)
-------------------------------------------------------------------------

日本人に向いているクリーム洗顔

洗顔に関するトピックが続きますが・・

日本人の肌にいちばんあっているクレンジングは、
クリームタイプとミルクタイプだそうです。

オイルクレンジングは、日本人にはあまりよくないのでしょうか?

よく、手についたオイルを洗うのに、油を使って洗い落とす方法が紹介されていて、
それと同じようなもののようにも思えますが。

リキッドタイプが界面活性剤が多いため不向きというのはわかる気もします。
界面活性剤ということはつまり、
洗顔料と同じような成分、主力の洗顔成分が同様、ということになり、
結局お肌へのダメージは似たようなものなのでしょう。

クリームタイプのクレンジングは、
しっかりこすらないといけないような気もするので、
ごしごししてしまうとてきめんにダメージが起こりそうなので、
使い方にはちょっと気づかいが必要だと思われます。

----------------------------------------------------------------------

クレンジングには、クリーム・ジェル、ミルク・リキッド・オイル、といったように、いくつかのタイプがありますが、日本人の肌に理想的なクレンジングはクリームタイプとミルクタイプです。

 なぜならば、オイルタイプは落としすぎてしまうし、最近人気のリキッドタイプは界面活性剤が多く含まれており、肌への負担が大きいからです。

 界面活性剤は「洗剤に使われているもの」と言えば、いかに肌に悪いことかが想像できるかもしれません。

 ちなみにクリームタイプやオイルタイプでも、安価なクレンジングには界面活性剤が入っているケースも多いのでご注意を。

(株式会社徳間書店 (ブログ) 2015年12月2日)
----------------------------------------------------------------------------

ギャラリー
アーカイブ
  • ライブドアブログ