今日のみっけモノ

美容・健康ネタなど目に止まったモノをチェック しています

さつま芋

サツマイモのポリフェノール

ポリフェノールといっても
いろいろな種類があるそうです。

サツマイモそのものは、
「ポリフェノール」というイメージはありませんが、
そのうち希少な「リボフェノール」という成分がサツマイモからより一層、
効率よく摂れるようになったら、
ポリフェノールを生成する食事にこだわることもなくなりますね。

脂質に溶け込みやすい成分だそうで、
サツマイモは食べ始めるとカロリーも結構あるでしょうが、
これだけの健康効果がひそかにあるとしたら、
サプリメントでも出ないかなと思ってしまいます。

発売になったらきっと定番のアイテムになりそうですね。

-------------------------------------------------

基礎化粧品の開発を手掛けるサティス製薬は、肌の美白効果が期待できる機能性成分を、サツマイモから抽出する技術を開発した。自然界では希少な「リポフェノール」という物質。同社の調べでは、肌が黒くなるのを防ぐ効果をはじめ、さまざまな老化抑制効果が期待できるという。規格外品の活用により、化粧品や食品への利用が期待できる。

(日本農業新聞 2018年6月19日)
--------------------------------------------------

さつまいもと組み合わせて朝食メニュー

忙しい冬の朝でもかんたんにつかえるさつまいもオオムギサラダが紹介されていました。

さつまいもは、どちらかといえば美容の敵、
のような印象もあるのですが、
今年は甘いさつまいもが本当に流行って、
さまざまなコンビニでも類似のデザート商品が出るくらいになっています。

そんなさつまいもは、
栄養的にはとてもよく、
オオムギのような食物繊維が豊富な食材とさらに組み合わせると、
一品で手軽に、美容にもうれしい食事に。

こういうの、うれしいですね。
美容商品にばかりとらわれず、
内側から美しくなるには、とってもうれしいアイディアです。

----------------------------------------------------------------------
さつまいもも大麦も、思い立ったらすぐに食べられるわけではなく、火を通す必要があることが“ネック”と感じている方もいらっしゃるでしょう。しかし、シリコンスチーマーもしくは炊飯器を使うことで、驚くほど簡単に下準備ができます。

【朝食にオススメ!さつま大麦サラダ】 材料:1人分
さつまいも・・・150g(約1/2本)
大麦・・・30g(約大さじ2杯)
水・・・30g(約大さじ2杯)
塩、黒胡椒・・・適量
グリーンナッツ油、ヘンプ油、えごま油、オリーブオイル等お好みのオイル・・・適量
イタリアンパセリ・・・適量 (ジップロックに入れて冷凍保存しておくと便利!)

(ZAKZAK 2014年12月11日)
-----------------------------------------------------------------

ギャラリー
アーカイブ
  • ライブドアブログ