今日のみっけモノ

美容・健康ネタなど目に止まったモノをチェック しています

美白

有効成分たっぷりのシートマスク

雪山というのは、
わたしはアウトドアは苦手なのでわからないのですが、
かなり日に焼けるもののようですね。

日に焼けるということは
ダメージもあるということ。

日焼け止めもばっちりして臨むのだと思うのですが、
どうしても焼けてしまう場合は、
丁寧なあとのケアが必要です。

シートマスクは、
ごく手軽に売っているので入手しやすく、
価格的にも手ごろです。

日本酒の成分はお肌にとてもいいそうで、
よく酒蔵の職人さんは手がきれいとかいいますし、
自社ブランドの化粧品をつくっていたりもします。

シートマスクにその成分をたっぷり含んでいると、
日焼けのあとケアとして、
かなり力になってくれそうな気がします。

-------------------------------------------------
冬の強烈な乾燥、雪山での日焼け…ダメージ肌や水分不足の肌に、手っ取り早く潤いをチャージできるシートマスク。オールシーズン活躍してくれるので、家に常備しておくと心強いアイテムですよね!


1.クリアターン【美肌職人 日本酒マスク】7枚入り 400円(税抜)
肌にうるおいとやわらかさを与えてくれる日本酒GL(グリセリン※保湿成分)を厳選配合したシートマスク。この時期は特に肌の乾燥と共にごわつきも気になるのでこちらをチョイスしました。

(女子SPA!- -2018年1月16日)
--------------------------------------------------

トマトを食べる美白習慣

美白というか、シミを予防できるとして
トマトがたいへん注目を集めています。

昨年の夏あたりからでしょうか、
トマトを朝ひとつ食べておくだけで違う!
というような話からはじまり、
トマト鍋がブームになったのも、
美白がきっかけだったからかも。

トマトを取り入れたレシピは
美白に役立つものとして、
かなり人気が高いようなので、
レストランだけでなく自宅でも、
生野菜以外のトマトをしっかり食べる家が増えているのかもしれません。

特に独り暮らしの女性などは、
価格も高い旬ではないトマトでも
1つとかなら買いやすいので続けやすい美白習慣かもしれないですね。

これからの季節だと、
やはりトマト鍋がいいかもですね。

鍋にするとけっこう多く食べられますので、
トマトで美白対策できますね。

-------------------------------------------------
カフェで食べるようなおしゃれなワンプレートレシピの紹介です。今回は、鶏肉とかぼちゃのトマト煮込みを中心に、五穀ご飯、サラダ、アボカド、人参のラペをひとつのお皿に盛り付けています。鶏肉には良質なタンパク質、かぼちゃにはカロテンやビタミンCを多く含み、トマトにはリコピンが含まれます。また人参やアボカド、ナッツなど栄養たっぷりのレシピですよ。美容に気をつけたい時はしっかりと食べて、内側と外側、両面からのケアをしてみてはいかがでしょうか?

(PR TIMES (プレスリリース)- -2017年12月25日)
--------------------------------------------------

 

甘酒を基本とした美白

甘酒は美容にいいという話は、
冬の定番のようなお話です。

やはり、冬になってきて風がつめたく乾燥すると、
お肌にダメージを実感できるようになってしまうため、
より、保湿や美白に重点を置いたなにかに、
目が行きやすくなるのかも。

甘酒には酒かすからつくるものと
米こうじからつくるものがあるそうですが、
酒かすからつくるものは、
糖分が多いのでダイエット中のひとにはまず、向きません。

なので米こうじからつくるほうを選んだら、いいですね。

というかそれらから派生してつくられた
美白用品を使うのがいちばんの近道かも。

安価なシリーズにも酒かす関連の商品をみつけたこと、
去年はありました。

今年もシーズンなので、要チェックです。

甘酒そのものも、
今ではスーパーの棚に沢山並ぶようになっています。

酒粕から作るものも、
米麹から作るものも
どちらも並んでいます。

他のソフトドリンクを比べると
ちょっとお値段が高いですが、
私はときどき買って飲んでいます。

-------------------------------------------------

甘酒の効果を知る前に甘酒の種類を理解する必要があります。「え?甘酒ってどれも同じなんじゃ……」とお思いの人もいるかもしれませんが、実は甘酒は酒粕から作るものと米こうじから作るものの2種類があります。

まず酒粕から作るタイプの甘酒はアルコールが含まれ、砂糖が入ってることが多いのが特徴です。お子さんやダイエット中の人には向いていないと言えますね。ただし、便通をよくする不溶性食物繊維が豊富に含まれているので、便秘改善や肌荒れ防止には効果的ですよ。

(ウーマンエキサイト -2017年11月30日)
--------------------------------------------------
 

紫外線ケアは若いころから

きれいな白い肌のタレントさんなど見ると、
どのくらいお金かけてるのかなとか邪推してしまうのですが・・

高校時代から常に日傘サングラスで過ごしていたという泉里香さん。

やっぱり基本の「ケアする」という意識が違いますね。

わたしはどっちかというと、
日向でも気にせずどんどん焼けてしまっていたので、
いまごろになって後悔しても遅いのかも。

私が若い頃は、そういう時代だったんですよね。

小麦色の肌が健康的だ、みたいに。

色が白いと、病弱だというイメードだったり、
家の中にばかりいて積極的でない性格、というイメージなんかもありました。

時代が変わって、
日傘のありがたさは最近わかってきました。

他の暑さ防止・日差し防止アイテムと比べて、
風通しがよくて涼しいので、
心地いいなあと思うことが増えたので最近はときどき使っています。

-------------------------------------------------

くすみとは無縁の、美白肌を誇る泉里香さん。なんと、お母様のススメで、高校時代から夏の外出時は、常に日傘を差してサングラスをしていたとか。
「暑いのが苦手で日傘はマスト。目から入る紫外線にも気をつけるべき、との教えでサングラスも習慣になっていました。それでもロケなどで日差しを浴びた日の夜は、ほてりを鎮めてから集中美白と全身保湿を。さらに、ビタミンCのサプリやフルーツもたくさんとって、内側からの白肌回復も心がけています」

〝日焼けしたと感じたら、速攻冷やして抗炎症!〟

(ウーマンエキサイト -2017年9月8日)
--------------------------------------------------

旬のトマトをうまく取り入れる

夏は美白が気になるシーズン。

昨年、トマトは朝たべることで
美白成分を効果的につかえるので、
朝とるのがよいときいたので、今年は実践しています。

老化防止・活性酸素の除去といったトマトの効果、
やっぱり夏のこの時期活かしたいですから。

さらに旬が夏なので、リコピンの量も夏に増えるそうですよ。

旬ゆえに値段もぐっと下がるし、
地物野菜としてもたくさん出回っています。

美白化粧品をあれこれ考えるより、
トマトを食事にとりいれていくのを工夫していきたいですね。

私は、5年ほど前までは、
家庭菜園でミニトマトを育てていて、
毎日のように新鮮なトマトを食べていました。

5年ほど前に、家庭菜園をしていた場所を
違う目的のために使うことになって、
それ以来やつていませんが…。

でも、ご近所さんの農家さんから、
ときどきトマトを頂くことがあのます。

こういうトマトってスーパーで売っているトマトより、
トマトっぽい味がするというか、
スーパーで売っているトマトってなんか物足りなさを感じることがあるんですよね。


-------------------------------------------------
トマトはサラダに入れてもお弁当に入れても鮮やかな赤色で、料理を美しく彩ってくれます。このトマトの赤にはリコピンという抗酸化力のある色素栄養素が含まれているのです。このリコピンのすごいところは、老化防止・活性酸素の除去といったアンチエイジング効果がとびぬけているところ。

さらに、トマトの旬である夏には、このリコピンの量も増えますので、夏のトマトは美肌のためのサプリメントのような存在と言えるでしょう。さらにトマトには夏場にうれしい紫外線防止効果まであるので、夏のトマトは食べなければもったいないですね。

(ウーマンエキサイト -2017年7月28日)
--------------------------------------------------

ギャラリー
  • ライブドアブログ