今日のみっけモノ

美容・健康ネタなど目に止まったモノをチェック しています

コスメなど

資生堂の秋冬ラインナップ発表

わたしはあんまりメイクに凝る方ではないのですが、
夏のため肌ストレスが多く、
お化粧がのらない感じはあるため、
いいものがあったら取り入れていきたいと思っています。

資生堂のブランドでは、
もう秋用のラインナップが発表になってきているようですね。

秋冬のコンセプトは、
多様な価値観を表現する「リゾーム」だそうで。

個性的な色合いが生まれているようですね。

最近のメイクの感じをみていると、
どうも60年代ぽいというか古めかしい、
色あいの深めなものが多いように思います。

そこからさらに、メイクで
個性をもっと表現する感じになっていくのでしょうか。

ファッションを楽しみたい季節にはもってこいですね。

-------------------------------------------------

資生堂ヘア&メーキャップアーティストによるコスメティックブランド「プレイリスト(PLAYLIST)」は9月1日、2017年秋冬の新商品 全7アイテムを発売する。

 秋冬のコンセプトは、常識や既成のルールにとらわれない、多様な価値観を表現する「リゾーム(RHIZOME)」。現代思想の“相互に関係のない異質なものが偶発的にむすびつくさまを表す概念”を意味する言葉で、資生堂トップアーティスト7名がカラークリエーションを担当し、個性あふれる、メイクの可能性が広がる新色16色を追加する。

(AFPBB News -2017年7月21日)
--------------------------------------------------

DHCのお米成分美肌ライン

DHCから、お米成分を生かしたシリーズが発売になるそうです。

お米の成分をいかしたシリーズ、ありますよね。
ただ、かなり高価なものだった気が。

DHCはさすが、なかなかお手頃だと思います。

加水分解コメタンパクという、
DHCが抽出した美容成分や、
米ぬかがもとになったエキスなど、
さまざまなお米由来の成分が入っていて、
とっても強力な印象をうけますね。

DHCはもともと通販に力をいれていましたが、
近年はすっかり、店頭でお安く買えるようになったので、
ドラッグストアで手軽にためして、
ラインナップをとりいれていければと思います。

思い出しましたが、
お米の成分をスキンケアに活用しているのは、
酒蔵とかで出しているスキンケアだった気がします。

米麹の成分を入れているとかだったような…。

--------------------------------------------------

株式会社ディーエイチシー(DHC)は、お米の美肌力を活用した天然由来成分100%のスキンケア「DHC潤米(URU MAI)シリーズ」を2017年6月8日(木)に新発売する。

このスキンケアシリーズは、デリケートな肌にストレスを与えないスキンケアの実現を目指して、米由来の天然成分を豊富に配合したものとなっている。

たとえば、加水分解コメタンパクの「ライスペプチド1型・2型」は同社が米から独自に抽出した美容成分。他に、発酵した米ぬかが基になるサッカロミセス/コメヌカ発酵液エキスや、コメエキスなど、お米の多彩な成分から潤いパワーを作り出している。

(エキサイトニュース-- -2017年6月1日)
--------------------------------------------------

マキアージュのドラマティックスキンセンサーベース

化粧下地って、普段あまり気にすることないのですが、
化粧崩れが気になってきたときには、
しっかり手をかけたほうがいいようですね。

そうすることで、上から乗せていくパウダーとかが上手に乗って、
さらに長持ちしてくれる効果もありそう。

あと、お肌が荒れていても、カバー力のある下地があれば、
時間が経っても仕上がりに変化が少なそうな気がします。

マキアージュから出た下地は、
肌の水分バランスと皮脂をコントロールする効果があり、
また、ファンデーションを密着させる効果もあるとか。
頼もしい下地ですね。

----------------------------------------------------------------------

■2:マキアージュ『ドラマティックスキンセンサーベース UV』
肌の水分バランスと皮脂をコントロールするセンサー効果と、素肌に密着しながらファンデーションを引き寄せなじみあうトリニティマグネット効果で、美しい印象をキープできます。
資生堂の調査によると化粧持ち約13時間という結果が出ています。皮脂くずれなどに悩んでいる人はおすすめです(効果には個人差があります)。
薄いピンクカラーのパール感がある色味で、目尻の小ジワやほうれい線を目立ちにくくしてくれる効果も期待できます。
 
(日刊アメーバニュース 2017年1月3日)
-------------------------------------------------------------------------

テカりを抑えるベーキングメイク

お肌づくりで、仕上げにふんわりパウダーをのせると、
印象もやわらかい感じになって、いいですよね。

最近、ベーキングというやり方で、
つやを与えたい部分にパウダーをたっぷり重ねるやり方のメイクがあるとか。

キラキラするのを載せるのではなく、
テカらず、マットなので、普段あまりパウダーを使わない人でも
やりやすそうなところがいいですね。

わたしは部分的オイリーなので、
特にテカりがちなところには、透明のパウダーを重ねたりすると、
光が気にならなくなっていいです。
似たような効果があるのかも?
 
----------------------------------------------------------------------
■ベーキングって何?
現在、キムの肌作りとして話題となっているのが“ベーキング”。『International Business Times』によると、光やツヤを与えたい部分にパウダーをたっぷり重ねて、少し時間を置くことが料理のベーキングと似ていることから、この名前がついたようです。

■どんな人にオススメ?
キラキラのアイテムを使うと、悪目立ちしてしまったり、テカリ過ぎてしまうことも。しかしベーキングならパウダーのみを肌になじませマットな仕上がりなので、そんなミスを防ぐことができます。特にオイリー肌の人にはおすすめです。

(livedoor 2015年8月20日)
---------------------------------------------------------------

綾瀬はるかさんの使う『SK-Ⅱ』

綾瀬はるかさんの美肌のもとは、やっぱり『SK-Ⅱ』・・

もちろんCMの関係とかいろいろあるとは思うのですが、
桃井かおりさんとか、『SK-Ⅱ』のCMに出ていた方は本当に例外なくキレイに年を取るので、
いい商品なんだろうなって思います。

『SK-Ⅱ』ピテラのマスクとか、
いつか一度使ってみたいなと思うのですが、
なかなか手が出ません。

でもスペシャルなケアをしたい!と思ったときとか、今度使いたいです。

店頭には似ている商品が並んでいますが、
やっぱり評価を長年受けている商品は、違うんじゃないかと思うのですよね。

----------------------------------------------------------------------
芸能界美肌ランキング1位に輝くことが多い綾瀬はるかさん。かねてより、美肌っぷりは噂されていましたが、これで一気に”肌美人”というイメージが定着しましたよね。そこで気になるのが、綾瀬さんが美肌のために、何をしているのかということ。
その秘密を知るために、綾瀬さんがミューズをつとめる『SK-Ⅱ』が主催する「SK-Ⅱ ピテラ"! パーク」開催記念イベントに潜入し、ご本人から話を聞いてきました。早速真似したくなる美肌へのこだわりは、下記のとおりです。
(1) 「入れ入れ」と念じながらスキンケアをする
綾瀬さんにとって、『SK-Ⅱ』の化粧水「フェイシャル トリートメント エッセンス」は、必要不可欠な存在だそう。スキンケアをするときは、手のひらを使い、「入れ入れ」と念じながらおこなっているそうです。

(インフォシーク 2014年7月4日)
-----------------------------------------------------------------------  
ギャラリー
  • ライブドアブログ