今日のみっけモノ

美容・健康ネタなど目に止まったモノをチェック しています

美肌

よい睡眠でお肌によい影響を

よい睡眠がお肌によい影響があるとは、
どうしてでしょうね。

肌のターンオーバーが進む、
ということのようです。

肌が生まれ変わって、
入れ替わるときによい成分を入れると、
次の肌がいい状態になるのでしょうか。

その睡眠で大事な成分になるメラトニン、
これのもとになるセロトニンが、
太陽を浴びた16時間後に変わるのだそうです。

体内時計がリセットされて、
正しい時間にメラトニン、
セロトニンの働きを全開に出来るのが、
次のお肌のコントロールにもなる、
大事なことなのでしょう。

セロトニンの働きに良い効果があるのは太陽だけではなく、
さまざまな食品もありますよね。

手軽にとりやすいヨーグルトなどの乳製品、など、
気をつけて摂るようにしつつ、
体内時計に悪影響のない生活を続けるのが、
美肌のためにはいちばんのようです。

-------------------------------------------------

太陽光を浴びると脳からメラトニンの元となる、通称幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが分泌され、これが、浴びた16時間後にメラトニンに変わります。太陽光を浴びることで体内時計がリセットされると共に、メラトニンは体内時計によってコントロールされています。

もし、通勤中以外で直射日光を直接浴びるのが難しい時はカーテンを開け、明るい光を浴びるだけでも効果的です。太陽光を浴びる時間は1日30分を目安にし、曇りの時にも行いましょう。

(ウーマンエキサイト 2019年9月30日)
--------------------------------------------------  

和食スパイスをモチーフにしたコスメ

わさび、もみじおろしというと、
和食の代表的といっていい辛いもの。

とってそのままのわさび、
辛味を混ぜ込んだ辛味もある大根おろしは
どちらもお料理を際立たせてくれるものですが、
それをスキンケアのモチーフに取り入れたラインナップがあるとか。

ベジinコスメ、というスキンケアメソッドだそうです。

スパイスで肌作りなど、
ちょっとむしろ傷みそうな感じがしてしまいますが、
もちろんスパイスそのものが練りこんでいるわけではないようです。

「素材の良さを引き出してくれる」という点が、
わさびやもみじおろしとコンセプトが近い、
という意味合いなのでしょうね。

その製品のルックスは、
見た感じはおしゃれな香辛料のようです。

化粧品は美白といった考え方があるものですから
どうしても白基調な製品が多いですが、
鮮やかな緑とオレンジは、見た目も新鮮ですね。

-------------------------------------------------

素材の良さを引き出してくれる和食フィロソフィーのもと、SHISEIDOが開発したミレニアル世代向けのスキンケアライン「WASO (ワソウ)」。その自然のたくましさやみずみずしい潤いに着目した「ベジinコスメ」から、わさびと紅葉おろしにインスパイアされたコスメが10月1日発売。

(voguegirl.jp/ 2019年9月30日)
-------------------------------------------------- 

ボタニカルと美肌支援

ボタニカル、とは植物性のことですよね。

ボタニカルシャンプーなど、
最近は植物のいろんなパワーをもらって、
キレイになろうとか、
良い状態へ導こうとか、さ
まざまな商品が生まれてきています。

スキンケアには、
これまではソープなどが
ボタニカル商品の代表だったと思いますが、
今回紹介されていたのは、
美味しく食べて美しくなれる限定メニュー、とのこと。

ハーバルセラピストという方と共同開発したそうです。

抗酸化作用に富んだ植物成分といえば、
ローズヒップはよく耳にしますね。

ビタミンCが豊富で、ちょっと酸っぱくて、
女性向けのドリンクにもよく採用されています。

ほか、ローズマリーなど
抗酸化作用を多く含んだ食品というと、
ちょっとくすりっぽいのでは、
と思ってしまいますが、
そういうことはなさそうですね。

和食だと植物性の香り成分を
メニューに取り込むのは難しいですから、
こういうのこそ、洋食でくせの強い食材を扱うメニューなどで取り入れられそうです。

-------------------------------------------------

BOTANISTスキンケアシリーズに着想を得た、ハーバルセラピストと共同開発の“美味しく食べて、美しくなれる” 限定メニュー。スキンケアシリーズに使われている植物をはじめ、ビタミンCが豊富なローズヒップ、抗酸化食品の高いローズマリーなどのハーブやハトムギなど、美容によいと言われる食材を随所に散りばめました。

(PR TIMES (プレスリリース) 2019年9月11日)
-------------------------------------------------- 

ターンオーバーを意識してお手入れ

サプリメントや美容ドリンク・・
特に美容ドリンクは、わたしは飲んだことがないのです。

よくプラセンタとかが入っている
美容ドリンクがありますね。
コラーゲンとか。

リポビタンDのような栄養補給ドリンクは
たまに仕事で疲れた時に飲みますから、
それと同じ感じで、お肌が疲れているなとかそういうとき使うと、
お肌の状態がいいほうに変わっていくのかなとは思います。

錠剤のビタミンとか、
穏やかに眠りたいときのギャバとか、
普段使っている錠剤は結構あるのですが、
ドリンク剤のほうが即効性がありそうな気はします。

美容の、特にお肌のためのドリンクは、
お肌のターンオーバーを加味して、
28日周期ぐらいを意識して飲んだほうが効果が高いとか。

お肌のターンオーバーってこの頃、よく聞きます。

自分では考えたことがなかったですが、
シミやくすみの原因になる部分が
剥がれて入れ替わるまでのサイクルに、
ターンオーバーはとても大事なサイクルだそうなので、
ときどきは気にしていこうかなとは思いました。

-------------------------------------------------

サプリメントや美容ドリンクを購入しても、本当に効果はあるの?と感じる人もいるのではないでしょうか。
そもそも、サプリメントや美容ドリンクは、薬ではなく「食品」に分類されます。その目的は食事で不足する栄養素を補給することにあります。
したがって、飲んですぐに効果を感じるわけではありません。しかし、毎日飲み続ければ体に栄養が補われるので、美肌力をUPさせる有用なアイテムになります。

(livedoor 2019年8月31日)
--------------------------------------------------  

お肌の無駄をとりのぞくケア

肌は排泄器官、というのは
ちょっと印象としては違う気はしますが・・

確かに肌は、皮脂を分泌し、汗を分泌し、
でそれらは体にとって必要だからやっていることで、
それをとめるとか、ふたをするだけでは
体にとってよいわけではないですね。

それをスムーズに行わせることは、
アンチエイジングにとって大事だといいます。

ただ化粧品をお肌に浸透させるためには、
邪魔になっている皮脂や分泌物、
そして有名な、無駄な角質をとりのぞくのが大事、とのこと。

よく、化粧水を入れる前に肌を、
蒸しタオルでゆるませたりするのは、
そのためなのでしょう。

わたしはごくたまに
パックをする程度のお手入れしかしないですが、
実際、しばらく何もしていないときには
お肌がなんとなく重い感触があるのは確かです。

なんとなくすっきりしていないというのは確かにわかるので、
自分がそう感じる前に、
定期的に余計なものをとりのぞく努力もしたほうがいいのかも。

-------------------------------------------------

■肌は排泄器官なので、排泄をスムーズにしてあげる

CMを見ても、化粧品成分を肌に「浸透」させることにすごく注意をはらっていますよね。しかし、浸透させる前にまず余計なものをとり去ることが大事です。もちろん浸透しやすくするため、という点でもあります。そもそも、肌は排泄器官です。汗や皮脂を分泌するための場所でもあります。

メイクをする時に崩れないように隙間なく毛穴を塞いだり、シミなどを隠すために厚塗りをしたりすると思います。

(エキサイトニュース2019年7月31日)
-------------------------------------------------- 
ギャラリー
アーカイブ
RSS
  • ライブドアブログ