CMなどですっかり定着した、緑茶をつかった石鹸ですが、
お茶屋さんの「お茶のはんのえ」からも「美肌小町」というオリジナル石鹸が発売。
お茶の石鹸って、確かに効果はありそうなんですが、
なんか結構、単価が高いなーという気がしませんか。
基礎化粧品の一環と考えればいいのかもしれないですけどね。
こうやって何種類か出てくると、それぞれの違いとか、特色などもわかると、選びやすいですね。
よくCMでみるような効果とかって、本当なのかどうかは気になるので。
-----------------------------------------------------------------------------
茶製造、販売の「お茶のはんのえ」(安来市安来町、飯橋一春社長)はこのほど、茶葉から抽出した緑茶エキスを配合した緑茶せっけん「美肌小町」を発売した。

 自社ブランドのオリジナル商品で、農薬または化学肥料を使わない特別栽培で育てた茶葉を原料に使用。抗菌消臭作用があるとされるカテキン、メラニン色素の発生を抑制するビタミンC、脂肪を代謝させ美肌効果もあるというカフェインを含み、洗顔せっけんとしてだけでなく、手洗い用にも利用できる。

 1個が95グラム、泡立てネット1袋入りで、定価1260円(消費税込み)。現在、同社店舗やインターネット、市内の安来節演芸館や足立美術館、観光交流プラザの各売店で販売している。


(山陰中央新報 2009年11月13日)
-----------------------------------------------------------------------------