万歩計(歩数計)は多く使われていますね。歩数がわかることはいろいろはげみになりますが、歩数に反映されないカロリー消費部分もわかったらより、正確にいろんな対策がとれて望ましいと思います。
家事や、低程度の運動まで把握できるとなると、歩く運動が負担になるけれども、運動量は少し増やしたほうがよいヒト、例えばお年寄りなども、目安として使えるのではないでしょうか。
ゆっくり負担にならない程度に、台所をひととおり掃除するとこのくらいとか・・そうすれば、少ないながらも励みになって、がんばっていこうという気力が湧くと思います。
-----------------------------------------------------------------------------
パナソニックは、2010年3月1日より、活動量計「デイカロリ」3機種を発売する。月産台数は2万台。

同製品は、3軸加速度センサーと同社の独自アルゴリズム採用により、身につけておくだけで、日常生活の消費カロリーを計測できるツール。2007年 11月に保健指導向けなどの業務用として発売した身体活動量計「アクティマーカー」をベースとする本格派ながら、楽しみながら取り組める機能などを追加している。

「歩数計とは違い、歩行だけでなく、家事やデスクワークなどの低強度の身体活動からジョギングなどの中強度の身体活動まで計測できるので、日常生活の活動量を客観的に把握でき、生活改善による減量や健康維持に役立ちます」と同社では活動量計の意義を説明する。
(健康美容EXPO 2010年2月2日)
-----------------------------------------------------------------------------