日本では、いまでこそ美白が大切にされていて、日焼けはしないように心がけている女性が、どの年代でも多いと思うのですが、
かつては小麦色に日焼けした肌がもてはやされた時期もあったのですよね。
日焼けマシーンも、そのような肌に憧れるあらわれです。今はあまり使う女性はいないのかもしれませんが・・
逆に、たくましくみせるために男性が使うほうが多いのかも?
どちらにしても日焼けは、肌にとって害のあるものだそうです。
皮膚がんのリスクが高まりますし、今だと、紫外線が昔より強力だったりして、思わぬ影響を受けかねません。
小麦色にあこがれるだけで、健康を害してしまうのはばからしいので、ちゃんと知識を身に着けておきたいものです。

----------------------------------------------------------------------------
日本ではもっぱら美白がもてはやされている中、アメリカでは多くの白人のティーンが小麦色の肌に憧れています。高校生にもなれば日焼けサロンに通う子も多々いるようです。

なぜそんなにも白い肌を焼きたいのかというと、「白い肌は青白く見えるから健康的に見えない」とのこと。なんだか、ひと昔前の日本の教育みたいですね。

しかし、過剰な日焼けはとても危険です。そんなティーンたちを守るために日焼けマシーンに関する「新たな法案」がニューヨークで考えられているそうです。
アメリカの「Cosmopolitan」電子版によると、既に多くの州で、18歳未満は親の許可なしでは日焼けマシーンを使用出来ないことになっているのですが、そもそも親に決定権を委ねるのは問題があるそうです。


(Pouch[ポーチ]  2011年6月21日)
-----------------------------------------------------------------------------