日本酒は、ウイスキーやブランデーなどの蒸留酒に比べて、体を冷やす作用が低く栄養成分がたっぷり含まれたお酒で、アミノ酸も多く、
美肌や疲労回復に良い効果をもたらしてくれるお酒だそうです。
二日酔いがこわかったり、悪酔いしやすかったりするイメージもあるのですが、
それは、日本酒の特性を知らずによくない飲みかたをしてしまったから、ということになりそうですね。

----------------------------------------------------------------------------
「基本的にアルコール類には冷却効果がありますが、暑いからといって身体を冷やしすぎるのは、健康的ではありません。ウイスキーやブランデー等の蒸留酒は、もともと暑いところのお酒ですから、より冷却効果が高く、温暖地に住む私たちの身体を冷やしすぎてしまいます。そこにきて日本酒は、お酒のなかでも身体を冷やす作用が低く、米と米麹の醗酵段階で生じた栄養成分がたっぷり含まれています。特にアミノ酸はワインの10倍以上にもなります」

アミノ酸といえば、美肌や疲労回復、さらにはダイエットを助けてくれることでも有名。そんな良い事ずくめの日本酒は海外でも注目を集めているのだそうです。
(NCN(ニコニコニュース)  2011年7月18日)
-----------------------------------------------------------------------------