今、塩麹というのが、流行っているのですよね。
というかそれ以前に「酵素」が流行り始めて、その流れで、酵素のかたまりということで麹に注目が集まったのでしょう。
麹菌には、たんぱく質やでんぷんを分解して旨み甘みを引き出してくれるとのこと。
体によくて、味にもよいことがあるなら、何よりです。
最近は近くで手に入りやすくなってきたので、ぜひ試してみたいです。

----------------------------------------------------------------------------

いま話題の“魔法の万能調味料”の塩麹。美肌や免疫力アップ、整腸作用、中性脂肪の抑制など、きれいの素“酵素”が詰まっているということで、注目を集めている。
「塩麴の最大の魅力は、食材をおいしくすること。麴菌に含まれる酵素が素材のたんぱく質やでんぷんを分解し、旨みや甘みを生み出します」
 と語るのは、アンチエイジングの第一人者として著書やテレビ出演も多い順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授の白澤卓二氏。
 人気の秘密は、それだけではない。「麴は約100種類もの酵素を生産する“酵素の宝庫”。代謝のカギである酵素は、アンチエイジングや便秘解消、整腸・美肌作用、さらに、免疫力を高める効果が期待できます」

(NEWSポストセブン ?2012年4月10日?)
---------------------------------------------------------------------------