チーズは高たんぱくではありますが、高カロリーというのが常識。
しかし、脂肪分と同時にビタミンB2も含んでいるので、必ずしも肥満のもとというわけでもないようです。
こういうのって、食べ過ぎたり、夜中に食べたりというのはあんまり考えられてないコメントだと思うのですが、太りやすい人はたぶん、体にイイと知ったとたんに食べ過ぎてしまったりする、自己管理が甘い人が多いんですよね、おそらく。
だから、このことに安心しきらず、バランスよく食べるのがいちばんいいです。
食べる時間とかも考えたほうがいいですね。

---------------------------------------------

■実はチーズは太りにくい!

チーズは、脂肪分が多いのでダイエットには不向きだと思われています。しかし、脂肪分と同時に、脂肪燃焼を促進する“ビタミンB2”を豊富に含みます。

ビタミンB2は、脂肪分の摂取が多い人にはぜひとも同時に摂っていただきたい栄養素で、摂ることで脂肪を燃焼して蓄積しにくくしてくれます。

チーズで脂肪分を摂っても、ビタミンB2のおかげで同時に脂肪を燃焼もしてくれるなんて嬉しいですね。


■チーズは美肌に最適!

嬉しいことに、チーズに豊富に含まれる“ビタミンB2”は、美肌作りにも欠かすことのできない栄養素です。

細胞を活性し、綺麗な肌を作ってくれる重要な働きをするのが、ビタミンB2です。

また、豊富な“ビタミンA”も美肌には欠かせない栄養素! “美肌ビタミン”とも言われるビタミンAは、アンチエイジング効果が高く、乾燥しがちなお肌にツヤを与えてくれます。

(マイナビニュース 2012年7月15日)
--------------------------------------------------------------------------------