茶色いクマは、目の周りの皮膚の色素沈着が原因とか。
全部が疲れや寝不足でもないのですね。

日焼けがもとでおきていたり、メイクのときに目の周りに負担がかかってしまい、傷んでいる場合もあるようです。

目の下は、目ぐすりをさすとか、目がかゆいとか、何かのときに急激に力をかけてしまうときもありますよね。

そういうときも、むりやりひっぱったりせず、負担をかけないように行うのがよいようです。

でもある程度は、しかたなさそうですが・・・

それから、つけまつげのつけはずしも負担になるようですね。

にしても、つけまつげを「つけま」と記事に書くのもオッケーなんですね。

---------------------------------------------

茶色いクマの正体は?

目の下に出来る憎っくきクマですが、よ~く見ると、茶色っぽいのか、黒っぽいのか、青っぽいのか、それぞれが違う原因で出来る物のようです。

中でも茶色いクマは、寝ても治らず、また目の横を上に持ち上げてみても、クマが一緒に持ち上がるか、色が薄くなる?薄い色でも、目を引っ張り上げて、クマ少し動くか、色が薄くなるなら、それはいわゆる茶色いクマで、寝不足などが原因ではないのです。

茶色のクマは色素の沈着によってできる

このクマは、いわゆるくすみやシミと同じで、色素沈着がもとで出来る物。皮膚の上に載っている状態なのです。

色素の沈着は、目の下だけでなく、上まぶたにも、目の周囲にも出来るので、目の周りが黒ずんでいる、くすんでいるなどの状態は、色素が目の周り全体に出来ているということ。

(マイナビニュース 2012年10月10日)
--------------------------------------------------------------------------------