体を冷やすことは、なににしてもよくない、特に女性には悪い影響があるといいます。
ホルモンの関係も、冷えは大敵だといいますよね。

寒い冬がいよいよやってきていますが、冷えないために羽織ものを持ち歩いたり、工夫が必要なこのごろ・・

食事で、冷えない工夫といえば生姜は有名ですね。
すりおろし生姜は最近チューブでも売っているので、お茶などに入れて手軽にとれてうれしいです。
あと、ネギも同じようにちょこちょことることで、
体を冷やさないために有効なようです。

お昼からたっぷりネギをとるわけにもいかないので、そのへんは加減して・・・

あと羊肉が冷えによいというのははじめて聞きました!
それもあって、北海道ではジンギスカンなのでしょうか。

---------------------------------------------
■1:外食時にもショウガを
ショウガは“生姜”と漢字で書くように、立派な冷え解消の生薬です。すりおろしたショウガをアルミホイルに包んで持ち歩き、外食時に食べ物や飲み物に混ぜて飲食すれば、体の中からポカポカ温まります。

■2:味噌汁にはネギを
ネギも寒さを追い払い、体を温める食材として効果抜群です。薬味として使い、ランチにはネギの味噌汁を一杯、ネギ串の焼き鳥もおすすめです。

■3:肉料理では羊肉を
羊肉の温め効果は絶大! マイナス20℃まで気温が下がる北京では、冬の常食肉とされています。ジンギスカンはもちろん、羊肉にカレー粉をまぶして調理すればおいしく食べられます。

(livedoor 2013年12月10日)
---------------------------------------------------------------------------