今日のみっけモノ

美容・健康ネタなど目に止まったモノをチェック しています

2017年10月

乾燥を防ぐオイルのいろいろ

乾燥する季節に欠かせないオイル。

何種類もあるのは知っていますが、
普段使っているのはわたしは馬油だけでした。

ホホバオイルは、以前持っていた髪の美容液に入っていた記憶があります。

髪の乾燥を防いで、
しっとりつやつやした状態を保ってくれるといいますよね。

自分でも、それがしっかりかなえられている感じがしました。

スクワランオイルは、肌に浸透しやすく使いやすいオイルですね。

肌なじみがいいと、オイルでもべたべたしなくてとっても使いやすいです。

わたしの使っている馬油でも、
さらさらに生成したものがあって、
それのほうが精製していないものよりも浸透がうまくいくと思います。

種類も大事ですが、できあがった製品の性質もチェックしたいですね。

-------------------------------------------------
(1)アルガンオイル
アルガンオイルはエイジングケアを始め、お肌のバリア機能を強化したり、肌荒れ予防にも効果的で、保湿や美肌効果の高い美容オイルです。

(2)ホホバオイル
ホホバオイルは人の肌の成分に近く、どのような肌タイプにも使えることが特徴。保湿効果が高いことはもちろん、皮脂バランスの調整など幅広く使える美容オイルです。

(3)スクワランオイル
スクワランに含まれるスクワレンという成分は人間やサメ、哺乳類やオリーブオイル、ベニバナオイルに含まれており、水素添加したもの。お肌への馴染みが良いので美肌効果や新陳代謝をアップさせるのにも効果的な美容オイルです。

(ウーマンエキサイト -2017年10月23日)
--------------------------------------------------

味噌汁のガン予防効果がすごい

味噌汁は、大豆の効果そして発酵食品ということで、
健康効果が高いことは知られています。

それが、生活習慣病予防から、
老化予防、ガン予防までとは大変です。

特にガンを予防する効果は注目されているのだとか。

乳ガンは、年々増加傾向にあるそうで、死亡率も増加傾向に。
しかし1日3杯以上味噌汁を飲む人は、
乳がんの発生率が40パーセント減少しているとか。

単純にこれだけで「健康効果が高い」とするには、
塩分の問題とかもあるでしょうから、いちがいには云えないと思います。

こわいのは乳がんだけではなく、高血圧などもありますからね。

3杯とるには減塩のみそなど使ったほうがいいかもしれませんし。

食べる本人の健康状態をみてからの話ですね。

ちなみに、私は、朝晩の御飯では、
だいたいお味噌汁も飲むことが多いです。

1日3杯までしとはいきませんが、
2杯くらいは平均して飲んでいる感じです。

これが、ガン予防とかになっているとしてら
これからも続けていきたいですね。


-------------------------------------------------
普段何気なく口にしている食べ物に思わぬ効能があるということがよくあります。味噌汁もそのひとつです。今回は、味噌汁の凄すぎる効果と効果的な摂取法についてご紹介したいと思います。

第一に注目したいのが、ガンを予防する効果です。ガンの中でも日本の女性が最も多く罹る乳ガンは年々増加傾向にあり、その死亡率もまた増加傾向にあります。しかし、国立がんセンターの研究によると、1日3杯以上味噌汁を飲む人は1日1杯以下の味噌汁を飲む人と比較して乳ガンの発生率が40パーセント減少していることがわかっています。つまり、味噌汁をたくさん飲めば飲むほど乳ガンになりにくいということになります。

(エキサイトニュース -2017年10月21日)
--------------------------------------------------

赤い食べ物が体にいい

赤い食べ物が体にいい、というのがあって、
そのうちのひとつはトマト、もうひとつは梅干し、だそうです。

赤い食べ物、といえば、
にんじんとかも思い浮かぶのですが、
あれは赤いものがカロテンですよね。

トマトの鮮やかな赤はなにでしょうか?
リコピンとはまた違うように思いますが。

そして、赤い食べ物の2つめは梅干しだそうです。

梅干しの赤は、果実自体の赤ではなく、
いっしょにいれるしその赤かなと思いますが、
それでも結果として赤い食べ物で、
体にいいという結論のようです。

私は小さいころから
梅干を食べる習慣がなかったので
今でもたまにしか食べませんが、
トマトは食べる方だと思います。

特に夏は、毎日のように食べていました。

-------------------------------------------------
「トマトが赤くなると医者が青くなる」といわれるように、トマトは健康効果が抜群。野菜料理家の庄司いずみさんの著書「デトックス・ベジ事典」(主婦の友社刊)によると、トマトの鮮やかな色の元である「リコピン」には、脂肪細胞の成長を抑える作用があり、太らない体をつくるのだとか。さらに、女性にとってはうれしいメラニンの生成を抑え、コラーゲンを生成するという、美肌効果もあるといわれています。

(アサジョ (ブログ) -2017年10月9日)
--------------------------------------------------

よい睡眠を導くためのサプリ

睡眠サプリメント、とか、
睡眠改善薬、といったものがありますよね。

睡眠改善薬というのは、
処方箋が必要な睡眠薬とは違い、
アレルギーに対する薬などで、
眠気をもよおす副作用があるのがあって、
それを利用して、眠気を引き出しているのだとか。

睡眠サプリメントは、
もっと自然に眠りを導くよう体調を整えるようなイメージのようです。

わたしもすごくおもしろかった映画のあとなど、
ずっとそのことを考えてしまって、
眠れない・・というようなときがありますが、
いまのところ何の対策もとっていません。

お肌にも影響があることだし、
そろそろ、眠れないときの対応を考えたいと思います。

-------------------------------------------------

■睡眠をサポートする成分って?
眠りの質を高めてくれる成分として有名なのは「グリシン」「GABA」「テアニン」の3つ。
「グリシン」はアミノ酸の一種で、休息を促す成分と言われています。寝ても夜中に目が覚めてしまう、眠りが浅いという人は、まずはグリシンが配合されたサプリメントを探してみるといいでしょう。

(ウーマンエキサイト -2017年9月27日)
--------------------------------------------------

ギャラリー
アーカイブ
  • ライブドアブログ