今日のみっけモノ

美容・健康ネタなど目に止まったモノをチェック しています

2016年09月

ウコンのポリフェノール

ウコンというと、まっさきにウコンの力が思い浮かびます。
あれは、二日酔い対策として多く飲まれていますよね。

知り合いもけっこう飲んでいる人がいますし、
わたしも飲んだことありますが、
そんなに特徴あって飲みにくいというわけではなかった気が。

ウコンは、カレーの色になっている成分ですが、
カレーだけのものではなく、
朝にウコンをとることで1日をシャキッとはじめられる、
体のさまざまな機能を促進する働きがあるのだとか。

ウコンの黄色は、クルクミンというポリフェノールで、
お肌を老化からまもるというすてきな効果があるそうです。

二日酔いというだけでなく、
ちゃんと美肌効果にも意識してとっていきたい成分ですね。
 
----------------------------------------------------------------------

ウコンは古来中国で漢方として持ちられてきた成分です。ウコンにはターメロンやシネオールなどの精油成分が豊富に含まれて、胃の調子を整えたり、胆汁の分泌を促進する働きがあります。その効果から、「二日酔いにはウコン」と言われますが、体のさまざまな機能を促進する働きがあり、朝にウコンを摂ることで、1日をシャキッと始めることができます。さらに注目したいのは、ウコンの黄色のもとになるクルクミン。クルクミンはポリフェノールの一種で抗酸化作用が高く、お肌を加齢による老化から守るだけでなく、シミやシワのもとになる光老化から守る働きがあります。さらにウコンには鉄分や食物繊維、ビタミンCも豊富で、美肌を作る栄養素がいっぱいなのです。

(ガジェット通信 2016年9月21日)
-------------------------------------------------------------------------

かんたん焼き芋で食物繊維

ニキビの原因は、
お肌に老廃物がたまって排出できないために、毛穴が起こした炎症。。
のようですよね。

なので、まずは洗顔で、
お肌の汚れをとるのが先決かと思っていたのですが、
それよりも体内の話で、
便秘も、大敵ということを思い出しました。

そうですよね、体の中のリサイクルがうまくいっていないと、
にきびが出やすくなる実感はあります。

便秘が原因でニキビが出やすくなるというよりは、
体内がうまくいっていなくて便秘になり、
そのせいでにきびが増えてしまうという感じ。

なので、便秘を解消すればある程度、
ニキビにもよい影響があるわけです。

便秘の解消によいものといえばいろいろありますが、
まずは食物繊維。

サプリなどに頼らずに、美味しく食べられるのがいちばんですね。

バターや砂糖をできるだけ使わず、
オーブンで作れる焼き芋なんて、よいですね。
 
----------------------------------------------------------------------

バターや砂糖はニキビによくないので、オーブンで焼き芋にしています。蒸し焼きにするため、砂糖がなくても甘味が増して美味しいです。
便秘が酷かった時、ニキビに悩まされていました。便秘が原因でニキビができるということをテレビで見て知っていたため、食物繊維のあるサツマイモを食べてみようと思ったのです。
すぐに効果は出ませんでしたが、1ヶ月程で便秘が解消され、ニキビがなくなりました。それから毎日とまではいきませんが、2日に1度は欠かさずに食べています。
 スーパーで安く美味しいものが手に入るため、蒸し焼きが飽きた時は、乾燥イモも作っています。甘くておいしいのでとてもオススメです!

(ガールズSlism (ブログ) 2016年9月12日)
-------------------------------------------------------------------------

美肌に効果的な「ケイ素」

ケイ素というのには、注目したことがありませんでした。

コラーゲンほど知名度がないけれど、
コラーゲンのつながりを、結束を強くする働きを持っているのだとか。

なので、コラーゲンとケイ素を取ればいいということですね。

ケイ素含まれている食品は、
大麦・キビ・玄米、海草類、のり・わかめ・昆布など、
わりと身近な食材ですね。

あと、ケイ素が入ったミネラルウォーターなどもあるのだとか。

コラーゲンはもう十分に浸透していて、
さまざまなかたちで提供されていますが、
ケイ素はまだ私自身は、意識するほどであったことない気がします。

今度、注目してみようと思います。
 
----------------------------------------------------------------------

接着剤の役割があり、内側からの健康美を助けてくれる「ケイ素」。
(別名はシリカです)

美肌に欠かせない成分として有名なのは、コラーゲンですよね。
ケイ素はまだコラーゲンほど知られてはいませんが、その美容効果は研究でも明らかになっていて、医学的知見からも実証されているそうです。

組織と組織をコラーゲンがつなぎ、コラーゲンの束の結束を強くするのがケイ素です。
接着剤のようにお肌のすきまをうめてくれるケイ素は、ふっくらと保水性のある、うるつや美肌へと導いてくれる働きがあるのです。

(日刊アメーバニュース 2016年9月5日)
-------------------------------------------------------------------------

そうめんダイエットで2日間

そうめんダイエット、というのが掲載されていましたが、
そうめんは確実に糖質なので、
糖質を制限してやせようとしているひととは、
真逆の方向ということに・・

しかし、最近は、流水でほぐすと食べられるそうめんもあるそうで、
これだと、薬味を変えて飽きずに食べていけそうなので、
現実的なダイエット法ではありますね。

飽きる、という問題も、2日間とか期間を短くきめて実施するなら、
それまでの間にレシピをためておくとかして、
それほどやる気をそがれず続けることもできそうです。
 
----------------------------------------------------------------------

そうめんを茹でて水にさらす手間が面倒・・・と思われるかもしれませんが、最近では茹でずに流水でほぐすだけで食べられるそうめんもあります。お湯を沸かす必要がないので、毎食手軽にそうめんを食べることができます。夏に火を使うだけで調理が億劫になる人は、ぜひ流水で食べられるそうめんを使ってみてください。
また、乾麺のそうめんを調理する場合、量を多く茹でてしまいがちです。普段食べるのならば良いのですが、ダイエット中は食べ過ぎに気を付けたいですよね。その点、流水で食べられるそうめんならば1食分が袋に入っているので量る必要がありません。食べ過ぎることがないので、ダイエット向きといえるでしょう。

(クックパッド ダイエット 2016年9月2日)
-------------------------------------------------------------------------

ギャラリー
  • ライブドアブログ