今日のみっけモノ

美容・健康ネタなど目に止まったモノをチェック しています

2015年09月

トマトジュースのリコピンを効率的に

トマトジュースは、アンチエイジングやダイエットなど、
いろんなよい働きを体にしてくれるということで、
美白にもいいとか、いろいろいわれていますよね。

なによりリコピン、これがいちばんよい成分だそうです。

リコピンには高い抗酸化作用がありますが、
これが細胞膜の中に入っているので、加熱や粉砕をしたほうがむしろいいのだとか。
だからトマトジュースがいいんですね。

吸収をアップさせて効率よくリコピンをとるために、
調理の工夫も覚えると、
美肌作りに良い成果がありそうだし、
価格も安く、手ごろな感覚で実行に移せるところがいいですね。
 
----------------------------------------------------------------------

■リコピンの吸収率アップのポイント2つ
ト マトの赤色色素「リコピン」には、高い抗酸化作用があります。リコピンは細胞膜という固い膜の中に存在しているため、加熱もしくは粉砕によって吸収率がグ ンとUPするそうなので、トマトはジュースで摂るのが◎。

「朝」飲む

(インフォシーク 2015年9月27日)
---------------------------------------------------------------



栗は美容にもよい食べ物

これからおいしい季節になる栗。

テレビなどではこれを使ったスイーツやお料理が盛んに紹介されていますが、
実は美肌にもいいのだとか。

ビタミンCが豊富だそうで、
これは、さつまいもと色や食感が似ているので、
なんとなく想像がつきますね。

シミなどの予防改善によい成果をあげてくれそう。

あと、
他にない効果として、栗の皮には、
ポリフェノールの一種、タンニンが含まれていて渋いのですが、
これを上手に使えれば、
アンチエイジング効果をあげられるそうです。

渋皮煮や、渋皮まで使ったスイーツなどで、積極的にとれたらいいですね。

ちょうど良いことに、
昨日、友人から栗を頂いたところです。

栗って食べるのがちょっと面倒なので、
あまり積極的には食べないのですが、
美肌に良いということを知ったので食べなきゃです!
 
----------------------------------------------------------------------
1. 美肌に一役ー
見かけによらず、栗にはビタミンCが豊富。しかも、ジャガイモのように加熱しても壊れにくいので、栗ご飯などでもしっかりとビタミンCが摂れる。
ビタミンCがシミやシワの予防・対策に有効なのは周知のところ。夏の紫外線で疲れたお肌の回復に良さそう。

2. エイジング対策としても
その渋さゆえに捨てる人が多いかと思うが、栗の皮も侮れない。というのも、皮にはポリフェノールの一種、タンニンが多く含まれているから。
タンニンは抗酸化作用が強く、アンチエイジング効果が期待できる。捨てずに渋皮煮などで積極的に摂りたい。

(IRORIO(イロリオ) - 海外ニュース・国内ニュースで井戸端会議 2015年9月19日)
---------------------------------------------------------------


体に良い発酵食品の仲間にパン

「発酵食品」が体によいというのはよく知られた事実。

それは、たとえば納豆とかがまっさきに思いつきます。

ですが実は、
パンも発酵させてできるので発酵食品と呼べるのだとか。
それは気づかなかったですね。

確かにしばらく発酵させてつくるので、
うまみがあがるための微生物が中に混入しているのでしょう。

ただ、ダイエットとしてはパンの糖質や炭水化物としても、
あまり進められないようにも思えるので、
摂る量には十分注意することが必要な気がします。

体によいからととりすぎれば逆効果になりますから。

私は、一応、毎朝は食パンを食べていますし、
納豆も毎朝食べるようにしています。
 
----------------------------------------------------------------------
話題の「発酵食品」。免疫力を上げたり、腸内環境を整えたり、美肌や消化吸収を促したり、旨みが増す等々、様々な効果が期待出来ると話題の食品ですが、何が発酵食品なのか、ちょっとわかりづらいですよね。でも、発酵食品は実はとっても身近。身近な発酵食品を知って、より積極的に取り入れ、アンチエイジングを目指しましょう!

■発酵食品ってどんな食品?
発酵食品とは、微生物の働きによって保存性が高くなったり、栄養価が高くなったり、旨みが増したりした食品のことを指します。微生物が食品に付着すると、微生物の酵素の働きで食品の栄養分を分解し、別の物質を作り出すと言われています。この時に人間にとって有益なものを作り出すことを「発酵」と呼び、その食品を「発酵食品」と言います。


(インフォシーク 2015年9月11日)
---------------------------------------------------------------

レジスタントスターチでご飯もダイエット効果

夏のダイエットからのリバウンド・・・

耳の痛い話ですよね。

夏にむけて超頑張って一度やせても、
成功したらここぞとばかりに食べてしまうと、
おそろしいリバウンドの波が待っているという・・

やっぱり食欲に負けてしまうのがいちばんの要因。
どんなダイエットも、食べすぎには要注意です。

そして、食べ物ではどうしても、ご飯もの・どんぶりなどに心が誘われてしまいますね。
ご飯ものはダイエットには向きませんが、
どうしても食べたい場合は、冷めたごはんのほうがいいのだそうです。

お米が冷めることで、レジスタントスターチという食物繊維になり、
太らせるより排出に効果のあるものに変わるのだとか。

これからは、食欲に負けそうになる場合も、
ごはんの温度にも気を配って食べる必要がありそうです。
 
----------------------------------------------------------------------

■ご飯もの

さらに、54%の人が選び、リバウンドの誘惑ワースト2位に選ばれた食品は「ご飯もの」。

じ つは、温かいご飯よりも冷たいご飯のほうがダイエットには適しています。姉妹メディア『BizLady』の記事「食べて痩せる!仕事の生産性もUPする “おにぎりダイエット”の秘密」によると、お米が冷めることで発生する“レジスタントスターチ”という成分が食物繊維と同様の働きをすることから、ダイ エット効果が見込めるのだそう。

リバウンドを避けたい方は、なるべく冷えたご飯を食べるようにするのもよさそうですね。

(BIGLOBEニュース 2015年9月6日)
---------------------------------------------------------------

ギャラリー
  • ライブドアブログ