今日のみっけモノ

美容・健康ネタなど目に止まったモノをチェック しています

2015年06月

使ったものに合った洗浄をする

クレンジングについては、
わたしはあまりすごいお化粧はしないので、
あんまり気を使うことがなかったです。

ハードなメイクをする方には、オイルクレンジングがいいとか、
あまり摩擦をしないで済むよう心掛けないととかいいますね。

わたしが最近気になるのは、
日焼け止めも普通の洗顔料ではなくて、
クレンジングで落とすのがよいと知ったことです。

ずっと日焼け止めは使っていますが、
そのことは最近まで気づきませんでした。

やっぱり使ったものによる、洗浄というのが必要なのですね。

----------------------------------------------------------------------
メイクを落とす際にクレンジング剤が少ないと、肌に摩擦が起こります。必ず適量をとって力を入れずに、クレンジング剤を肌の上でくるくる回してメイクを絡め取るようなイメージでメイクオフしましょう。「メイクを絡めている」この感覚が大切です。

目元や口元のウォータープルーフは、専用のものを使ってください。実はこの「目元用クレンジング剤」ですが、使うと使わないとでは、目元の明るさが全く違います。筆者も以前は「オイルでメイクオフすれば目元専用はいらないっしょ」と思っているクチでした。ですが、使ってみて目からウロコ!目元のくすみがすっきり!目元のメイクって肌に残ってたんだなぁーといたく実感した次第です。アイシャドーがうまく発色しない悩みがある方は、アイメイク用クレンジング剤をお試しあれ!です。

(livedoor 2015年6月27日)
---------------------------------------------------------------

日焼け止めのPAとSPF

日焼け止めは、PAとかの値が書いてあると、
とりあえず効き目がこっちのほうが高いんだと思って買っていましたが、
その意味が分かって使っているわけではありませんでした。

SPFは「紫外線を浴びてから肌が日焼けをおこすまでの時間をどれだけ伸ばせるか」
という値なんだそうですね。

そして生活紫外線を予防するには、PAのほうに着目したほうがいいのだとも。

+が大きいほど効果は高いですが、
レジャー時の紫外線の効果は、SPF値に着目すると。

それを知っていると知らないでは、商品の選び方が違ってきますよね。

これから日焼けシーズン真っ最中になるので、
そのへんを参考にしたいと思います。

私のようにPAとSPFを良く知らないまま
日焼け止めを選んだり買ったりしている人は案外多いのではないでしょうか。

----------------------------------------------------------------------
まず、生活の中で日焼けをおこすUV-Aの場合「PA」に注目しましょう。PAは+、++、+++、++++の4段階に別れており、+が大きいほどUV-Aの防止効果が高いと言われています。
続いてレジャー時の紫外線UV-Bですが、こちらは「SPF」の数値を確認してくださいね。SPFは紫外線を浴びてから肌が日焼けをおこすまでの時間をどれだけ伸ばせるかの基準となります。日本人の場合、色白の人で約20分、普通肌の人で約25分、色黒の人で30分で日焼けを起こすと言われていますので、普通肌の方がSPF50のUVケア商品を使った場合、約50倍の「1250分(約20時間)」日焼けによって肌が赤くなるのを防ぐことができるというわけです。

(日刊アメーバニュース 2015年6月20日)
---------------------------------------------------------------

日焼け止めは洗顔料では落とせない

日焼けが本格的に問題になる季節。

日焼け止めはひんぱんに使うようにはしていますが、
これ、洗顔料だけでは落ちないとは・・

クレンジングが必要と書いてあるの以外は大丈夫かと思っていました。

今日は遠くにはいかないけれど、
外には出るから日焼け止めだけはしようとかいうときはありますが、
そういうときは、お化粧してないからだいじょうぶかと・・

でも、そうじゃないなら、
今度からちゃんと、クレンジング入りの洗顔料で洗いたいと思います。

けっこう重ねて塗ることを考えると肌への負担は大きそうですからね。

----------------------------------------------------------------------
落とすときは「メイク落とし」を使う
また「日焼け止めだけだったから、今日は洗顔料だけでいい」と思っていませんか?実は、洗顔料だけでは、日焼け止めの成分を落とすことができないんです。

成分が顔に残ると、雑菌を増やしてしまい、肌の免疫力が低下してしまいます。

ノーメイクでもメイク落としを使って、日焼け止めを落としましょうね。

(モデルプレス 2015年6月11日)
---------------------------------------------------------------

カプサイシンによる汗は皮脂も排出

韓国には美肌の人がほんとに多いようですね。

それに、韓国コスメは、なんというか密度というか、
さまざまな材料で美肌への追求を行っている感じで、
すごく真剣な感じがします。

そんな韓国は、唐辛子をたくさん取る文化でもあるわけですが、
唐辛子ってやっぱり、発汗作用で美肌にもよい効果があるようです。

唐辛子によって出る汗は、皮脂もいっしょに排出しているのだとか。

ということは、
毛穴に残りがちな皮脂を追い出してくれるということなので、
お肌のきめ細やかさにもたくさん役に立ちそう。

適度に唐辛子をとって、素肌もきれいに保つようにしたいです。

----------------------------------------------------------------------
韓国料理を食べると汗をかくのは、唐辛子の成分の「カプサイシン」が影響しています。
また、辛いものを食べると顔や頭に汗が出るのは「味覚性発汗」と呼ばれており、味覚性発汗とカプサイシンの汗は、同じ汗でも少し違います。
味覚性発汗は、食物を食べることで、唾液を多く出し、消化を助けるためにでる汗のことであり、一方、カプサイシンは、「脳」と「皮膚」にある温度受容器のニューロンを直接刺激することで汗をかかせるのです。
通常の外気温が高くなったときの発汗とカプサイシンによる汗の違いは、前者がまず皮膚温のセンサーが優先して反応しているのに対し、後者は、皮膚温のセンサーだけでなく、脳温のセンサーも同時に反応していることです。

(マイナビニュース 2015年6月4日)
---------------------------------------------------------------

ギャラリー
  • ライブドアブログ