今日のみっけモノ

美容・健康ネタなど目に止まったモノをチェック しています

2013年01月

和菓子系、特にきなこは良い食べ物

ダイエット中のお菓子は、和菓子系がいいとはいいますね。
主な理由は、やはりバターをたっぷり使ったものなどとくらべると、カロリーが低いこともあげられると思います。
そしてもうひとつ、大豆由来の素材=あんこがよく利用されているのも大きいかと。
大豆は女性にとってよいものという定評がついたので、きなこもそれと同類で、いっそう好まれるようになっていると思われます。
でもちょっと心配なのは、糖質ですね。
糖質というか、あんこは特に、お砂糖をたっぷり使うので、
お砂糖の種類によっては別な点で体に好ましいものがあったとしても、糖分が多くなるのは避けられません。
やはりそこは守りながら、甘いもの、楽しむべきではないかと思います。

---------------------------------------------

きなこがおすすめな理由は次の通りです。

・きなこの大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンによく似た作用を持っているので、肌をみずみずしく保ち、更年期障害や骨粗鬆(そしょう)症を防ぐなど、女性に嬉しい成分なのです。

・きなこに含まれる大豆ペプチドは、基礎代謝を高めてくれる働きがあります。つまり、痩せやすい体質になる鍵となってくれるのです。

・きなこに含まれる大豆サポニンは、脂肪の合成や吸収を抑えたり脂肪の分解を促進する働きがあるので食べながらのダイエットにもってこいなのです。

(マイナビニュース 2013年1月22日)
-------------------------------------------------------------------

カネボウ・美白敏感肌美容液新発売

カネボウの化粧品は、ドラッグストアで購入できる手軽なものから、美白に有効なカウンセリング化粧品まで幅広いですね。
3月には、敏感肌研究から生まれた新製品、低刺激処方の薬用美白美容液が発売になるとか。
敏感肌の方は、
自分の肌にどういった化粧品があっているのか、いろいろ研究し、
常にもっとあったものを探していると思われます。
新製品が出たら、ドラッグストアでも試供品をまめにチェックして試せる機会をつくってもらえたらいいですね。
無料では限界がある場合、
少量のパックが有償でもいいかなと思います。

---------------------------------------------

カネボウ化粧品は、2013年3月16日に、敏感肌研究から生まれたブランド「フリープラス」から、低刺激処方(※1)の薬用美白美容液「フリープラス ホワイトニングモイスチャーエッセンス(医薬部外品)」(50mL・4,500円<税込4,725円>)を発売します。


<発売の背景>
 カネボウ化粧品は、長年の敏感肌研究により、「敏感な肌は、神経線維が表皮の角層近くまで伸び、刺激を感じやすい"知覚過敏"状態にある」ことを解明し、その知見に基づき2012年1月に、「フリープラス」を低刺激処方のスキンケアへとリニューアルしました。
 今回は、新たに「敏感に傾きがちな肌は少ない紫外線で赤くなりやすく(※2)、刺激を感じやすい肌ほどシミが多い傾向にある」ことを明らかにしました。さらに意識調査では、自分の肌が敏感だと思う女性は、紫外線を浴びたあとは、シミのできやすさ、残りやすさに加え、いつも以上に乾燥など肌の不調を感じていることもわかりました。
 そこで、美白化粧品でのケアを望む、敏感に傾きがちな肌の女性のために、敏感肌研究から生まれた「フリープラス」から、うるおい効果のある低刺激処方の薬用美白美容液を発売します。

(日本経済新聞 (プレスリリース) 2013年1月17日)
-------------------------------------------------------------------

クレンジングとノンコメド

クレンジングと洗顔は、いっしょにできるものも多いので、その違いをあまり意識してないです。
ノンコメド化粧品とは、ニキビの元である「コメド」ができにくい成分ということなのですね。
よくニキビ用と書かれているのはそういう作用が入っている洗顔料という意味。
ニキビ用だからよく洗える、みたいなわけではないのですね。
大人のニキビは、しばらくしても消えることなく、ずっとあとになってしまうことが多いです。
年齢のせいと思ってあきらめる場合もあるけれど、
お手入れで少しでも改善するなら、ぜひやっていきたいと思います。

---------------------------------------------

■きちんと知ろう!ノンコメド化粧品とは

ノンコメド化粧品とは、ニキビの元であるコメドができる可能性が低い成分を使用している、または、にきびの赤みに影響していると言われるアクネ菌が大好きな成分の油を少なくした化粧品の事を言います。

コメド(comedo)は日本語に直訳すると「にきび」のことですが、日本ではにきびの原因となる「角栓」のことを言う場合が多いです。角栓とは毛穴のつまりのことですね。

このコメドを誘発しにくいと証明された化粧品には、「ノンコメドジェニックテスト済み」と表示することが認められます。

■ニキビの出来始めや予防にはノンコメドジェニックのクレンジングを!

(毎日新聞 2012年12月26日)
-------------------------------------------------------------------

「うるり」に新しいエッセンス

スキンケアブランド「潤(うるり)」に新しいエッセンスなどが仲間入りだそうです。
「うるり」とはまた、なんだかほんとうにうるおいそうな名前ですね。
ドラッグストアで売っている、価格の安いお手頃化粧品も、だから品質が悪いわけではなくて、
むしろ、コストパフォーマンスの高さをはっきりと問題視するので、
なかなか手ごわいお客さんを相手にすることになりますね。
そんな中で、アイテムがプラスされるのは、それだけ評判がよいから。
または、これからもっと多く使われそうだから、でしょうか。


---------------------------------------------

カネボウ化粧品、「うるり 美白エッセンスクリームV」など発売

 カネボウ化粧品は、2013年3月1日に、低価格志向のセルフスキンケアユーザーに向け、“配合成分”と“効果”に特長をもたせたスキンケアブランド「潤(うるり)」から、うるおい成分をしっかり密封する“美白エッセンスクリームV”と、化粧水の後に肌あれ・にきびを防ぎながら保湿する“スキントリートメントジェル”などを発売します(3品目3品種・オープン価格)。

 ラインアップを充実させることで、新規顧客の開拓と愛用者の満足度向上を図り、イメージキャラクターも変更してさらに店頭を盛り上げていきます。

(毎日新聞 2012年12月26日)
-------------------------------------------------------------------

ギャラリー
  • ライブドアブログ