今日のみっけモノ

美容・健康ネタなど目に止まったモノをチェック しています

2011年12月

バターダイエット

「炭水化物の摂取を減らしエネルギーが減った分を、バターで補ってダイエットしましょう」
という「バターダイエット」が、ノルウェーで流行っているそうです。
「バター」と「ダイエット」は真逆に位置している気がするのですが・・・
理屈をきいてもやはり、ちょっと???
こういう単品をクローズアップしたダイエットには、たいていワナがあるので、
気をつけて取り組む必要がありますよね!

----------------------------------------------------------------------------
スーパーの棚からはバターが消えるという、非常事態となっています。最近ではバター90キロをドイツからノルウェーに密輸しようとしたとしてロシア人が拘束される事態も起きたとか。

原因は「バターダイエット」。

ただ今ノルウェーではバターを食べてやせよう!というダイエットが流行している模様です。そんなことがありえるのでしょうか?どう考えてもバターを積極的に食べたら、やせはしない気がしますが・・・。

このダイエットのそもそもは、低炭水化物ダイエットの考え方に由来しているようです。炭水化物の摂取を減らしエネルギーが減った分を、動物性とはいえ自然の油脂であるバターでチャージしましょう、という理屈だということです。

(PR TIMES (プレスリリース)   2011年12月21日)
-----------------------------------------------------------------------------


えのきだけでダイエット

えのきだけは、免疫力向上に役立つという話で、以前、ブームになったことがありましたね。
ダイエット食品としても注目を浴びているそうです。
腹部の内臓脂肪減少に効果的だそうです。
毎日少しずつ違うメニューで、ある程度の量を続けていくと、効果がありそうですね。
鍋物とかばかりだと飽きるので、いろんなものとあわせて飽きない工夫をしながら、楽しくダイエットしたいです。

----------------------------------------------------------------------------
エノキタケのダイエット効果を研究しているのは、高崎健康福祉大の江口文陽(ふみお)教授。東京農業大在学時からキノコ類が持つ薬理効果に着目し、エノキタケが免疫力向上だけでなく、腹部の内臓脂肪減少に効果的であることを突き止めた。

 特筆すべき点は「排泄力」にある。

 「エノキタケの食物繊維は100グラムあたり3・9グラムと極めて豊富で、キャベツの1・6グラム、セロリの1・5グラムと比べて2倍以上。生シイタケ(3・5グラム)よりも高い。また、腸の動きを促し、血中の余分な脂を便と一緒に出してくれるキノコキトサンという成分の含有量がキノコのなかでトップ。毒素を持つ便が排出され、内臓脂肪も減り、おなかまわりがすっきりしていくのです」

(ZAKZAK   2011年12月16日)
-----------------------------------------------------------------------------



豆乳飲料の効果

「しみこむ豆乳飲料」というのがあるのですね。
これを、1週間記者の方が試したところ、確かにお肌によい感じがあったこと、便通もスムーズになったことなどを感じられたとか。
豆乳は苦手・・・と感じている人も多いと思います。
でも最近は、炭酸を加えたり、他のものと味を調整したりと、豆乳のよいところを体に取り入れられるように工夫している会社が多いですね、ありがたいです。

----------------------------------------------------------------------------
シルクペプチドは、シルクに含まれるオリゴペプチドとシルクアミノ酸を指します。これらは自己免疫作用を抑制し、アトピーなどアレルギー性疾患の改善に役立つそう。また疲労感やストレスを感じて消化吸収率が低下した体にもしっかりとしみ込み、弱った肌を内側からサポートしてくれる優れもの。

またいつでも重宝されるコラーゲンですが、皮膚や骨などを構成する重要なたんぱく質の1つ。しみ込む豆乳飲料は普段の食生活で摂りにくいコラーゲンを、吸収されやすい低分子の状態で1,000mg配合。豆乳の持つマスキング効果がコラーゲンの独特な臭いを閉じ込めてくれるので、風味も気にならず飲みやすくなっています。

(女子力アップCafe Googirl   2011年12月9日)
-----------------------------------------------------------------------------



ダイエット成功には睡眠が大事

寝不足のときって、実際、ものを無意識に食べてしまうことってある気がします。
なんとなく、力がたりないような気がしてだらだらと甘いものをつまんでいたりして・・・
自制心が失われるというのでしょうか。
でも実際に、寝不足だと、満足感を感じにくくなっているために体内がそういう状態になっているそうで、根本的にやはり寝不足をさけるのが大事なのかもしれません。
しっかりした睡眠の間に、人間は、いろんなストレスをいったんリセットするような作用をもっているとか。
そういうのがかみ合って、健康的な食事ができてこそのダイエット成功なのかも。

----------------------------------------------------------------------------
「ダイエットが上手くいかない」「肌が荒れてもーやだ」と飲み屋で開催される女子会でそんなことをぼやく女子は実は“かくれ不眠”なのかもしれない!

“かくれ不眠”とは不眠症までいかなくても、よい眠りをとれていない人、それに気づかず対処をしていない人の総称であると『快眠美人になる! 「かくれ不眠」解消で毎日いきいき』で紹介されている。
本書では健康と美容と眠りの関係、快眠の仕方が女性ならではの悩みに合わせて教えてくれる。

本書の担当編集者に話を伺った。
「以前から、多くの働く女性たちが“満足できる眠り”をとれていないこと、“眠りと美容”には大きく関係があることを聞いていたので関連する企画が出せないかと考えていました。
さらに、3・11の東日本大震災以降メディアの情報などから、直接震災被害のなかった人たちも、日常に不安感が強くなり、“かくれ不眠”が増加していることや、もともと不眠傾向にあった人たちの状況が深刻化していることを知り、ぜひ睡眠を改善するための本を作りたいと思いました」

(エキサイト: ニュース  2011年11月29日)
-----------------------------------------------------------------------------




ギャラリー
  • ライブドアブログ