美肌ケアとして、食事や、スキンケア製品とともに喜ばれるのが、
「温泉」ですね。

全国にさまざまな美肌の湯がありますが、
中で、青森県八戸市の「熊ノ沢温泉」は、
鉱物成分よりも植物成分が多い性質。

こういうのをモール泉というのだそうです。

鉱物の温泉もいろいろな有効成分があると知っていますが、
モール泉は、天然保湿成分を含んていて、湯冷めもしにくく。

美肌のために必要な植物の力にたっぷり浸ることができるそうです。

季節も温泉にぴったりですし、
こういうお湯を近場で探せるといいですよね。

温泉は美肌だけでなく精神的な潤いも与えてくれるので、
時間をみつけて私も行きたいとは思っているんですよね。

----------------------------------------------------------------------

青森県八戸市「熊ノ沢温泉」は、モール泉と呼ばれる鉱物成分よりも植物成分が多い植物由来の温泉。茶褐色でツルツルの湯の泉質は、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉。源泉温度が26・7度なので加温はしているが、加水・循環ろ過・消毒はしていない。

 天然保湿成分を多く含んだ美肌の湯は湯冷めしにくいと女性にも好評。内湯にはあつ湯とぬる湯があり露天風呂は湯量豊富にかけ流されている。

(ZAKZAK- 2016年10月28日)
-------------------------------------------------------------------------