スローフード、などのように、自然に近い○○というイメージが、
スローがつくものにはありますね。

筋トレはハードなイメージのものですが、
その中にもスロートレーニングというのがあるそうです。

スロトレとして本も出ているのを確かみたことがあります。

ゆっくりした動きで筋肉トレーニングするので、
負荷を十分にかけられ、
はずみを利用しないので本物のトレーニングになる、
という評判をきいたことが。

特にスクワットなどでは、効果が高そうです。

ダンベルなどの道具もいりませんし、
腹筋のようにおさえになるものを考えなくてもいいので、
とても手軽にできる運動法だと思います。

----------------------------------------------------------------------

スロートレーニング、略してスロトレは、文字通り「ゆっくりした動作」で行うトレーニングだ。それがどうして効果があるのか、いちばん基本的なエクササイズの下半身を鍛える「スクワット」を例に説明しよう。動作はこうだ。

(1)両足を肩幅に開いて、両手を太ももの付け根に置く。そのまま、1、2、3、4とゆっくり数えながらしゃがみこむ。しゃがみこんだら、姿勢を止めずに、5、6、7、8、とゆっくり立ち上がり、ヒザが伸びきる手前でストップする。

(2)またしゃがんで同じことを5~10回繰り返す。呼吸方法は、息を吸いなが    らしゃがんで、吐きながらヒザを伸ばしていく。

(J-CASTニュース 2015年12月9日)
----------------------------------------------------------------------------