わたしなどは、洗顔が面倒なので、
「W洗顔不要」という洗顔料で、
ふつうに一度洗顔でぱっと終わらせてしまいます。

ですが、
やはり汚れをしっかり落とすには、
クレンジングと洗顔料がわかれているほうがよいそうです。

クレンジングにはクレンジングの、
洗顔料には洗顔料の、それぞれ落とす汚れが違うから、だそうですね。

ファンデーションなどの油性の汚れは浮き上がらせて落としやすくする働きが必要。

それを皮脂などといっしょに洗い落とす洗顔成分も必要。

確かにそう考えると、W洗顔には意義があるのだなあと思います。

オイルでクレンジングするものなど、
本当にさっぱりと油性の汚れが落ちた感じがありますからね。

----------------------------------------------------------------------
最近ではW洗顔不要という商品も出てきていますが、やはり汚れをきちんと落としきるには、クレンジング剤と洗顔料を両方使うことが理想的です。なぜならクレンジング剤と洗顔料で落とせる汚れは、本来、異なる種類のものだからです。

顔の汚れには大きく分けて2種類の汚れがあります。ひとつはファンデーションや日焼け止め、アイシャドウなどメイクによる油性の汚れです。これらの成分には、肌に密着し汗で落ちないようにするために油性の成分が配合されているため、通常の洗顔料では落ちません。これら油性の汚れを浮き上がらせる働きを持つのがクレンジング剤です。

もうひとつは皮脂や汗、皮脂膜、古い角質など身体から分泌された汚れと、ホコリや花粉などの外部から受けた汚れ。これらは身体を洗うのと同じように、洗顔料で洗い流すことが可能です。

(T-SITEニュース 2015年11月27日)
---------------------------------------------------------------