断食でどうしてやせるのかというと、
食べ物をぜんぜん食べないから、カロリーをとらないから、
というのではなくて、

食べ物をとらない時間が長いと、効率よく食べ物を消化できて、
それを制限されたスケジュールで行うことによって効果が出る、といった実験結果があるようです。

マウスの実験どおりに人間ではいかないと思うのですが、
1日の生活の中で、
食事をどの時間帯にとるのがいちばん効率的かはその人によって違うので、
難しいですね、判断は。

でも、3食をしっかり時間間隔をおいてとったほうが絶対いいと云われているようなので、
確かにそういう効果があるのかもしれません。

----------------------------------------------------------------------

 食事時間を制限されたマウスも一定の時間内であれば好きなときに食べることができたため、食事の量や間食の頻度による影響は確認しなかった。

 ソーク研究所の研究員でパンダ博士と共同で調査を行っているアマンディーヌ・シェ氏は、時間制限摂取の効果は断食時間の長さに比例すると話す。食事できる時間が短ければ短いほど、マウスの体重は落ちていた。

 その一因は制限されたスケジュールが体の概日リズム、すなわち体内時計と合っていたことにあると研究者らは考えている。つまり、体が効率よく食べ物を消化できるときに食事を取っていたことがマウスの体重減につながった。

(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 2015年2月3日)
----------------------------------------------------------------