今日のみっけモノ

美容・健康ネタなど目に止まったモノをチェック しています

旬のトマトをうまく取り入れる

夏は美白が気になるシーズン。

昨年、トマトは朝たべることで
美白成分を効果的につかえるので、
朝とるのがよいときいたので、今年は実践しています。

老化防止・活性酸素の除去といったトマトの効果、
やっぱり夏のこの時期活かしたいですから。

さらに旬が夏なので、リコピンの量も夏に増えるそうですよ。

旬ゆえに値段もぐっと下がるし、
地物野菜としてもたくさん出回っています。

美白化粧品をあれこれ考えるより、
トマトを食事にとりいれていくのを工夫していきたいですね。

私は、5年ほど前までは、
家庭菜園でミニトマトを育てていて、
毎日のように新鮮なトマトを食べていました。

5年ほど前に、家庭菜園をしていた場所を
違う目的のために使うことになって、
それ以来やつていませんが…。

でも、ご近所さんの農家さんから、
ときどきトマトを頂くことがあのます。

こういうトマトってスーパーで売っているトマトより、
トマトっぽい味がするというか、
スーパーで売っているトマトってなんか物足りなさを感じることがあるんですよね。


-------------------------------------------------
トマトはサラダに入れてもお弁当に入れても鮮やかな赤色で、料理を美しく彩ってくれます。このトマトの赤にはリコピンという抗酸化力のある色素栄養素が含まれているのです。このリコピンのすごいところは、老化防止・活性酸素の除去といったアンチエイジング効果がとびぬけているところ。

さらに、トマトの旬である夏には、このリコピンの量も増えますので、夏のトマトは美肌のためのサプリメントのような存在と言えるでしょう。さらにトマトには夏場にうれしい紫外線防止効果まであるので、夏のトマトは食べなければもったいないですね。

(ウーマンエキサイト -2017年7月28日)
--------------------------------------------------

資生堂の秋冬ラインナップ発表

わたしはあんまりメイクに凝る方ではないのですが、
夏のため肌ストレスが多く、
お化粧がのらない感じはあるため、
いいものがあったら取り入れていきたいと思っています。

資生堂のブランドでは、
もう秋用のラインナップが発表になってきているようですね。

秋冬のコンセプトは、
多様な価値観を表現する「リゾーム」だそうで。

個性的な色合いが生まれているようですね。

最近のメイクの感じをみていると、
どうも60年代ぽいというか古めかしい、
色あいの深めなものが多いように思います。

そこからさらに、メイクで
個性をもっと表現する感じになっていくのでしょうか。

ファッションを楽しみたい季節にはもってこいですね。

-------------------------------------------------

資生堂ヘア&メーキャップアーティストによるコスメティックブランド「プレイリスト(PLAYLIST)」は9月1日、2017年秋冬の新商品 全7アイテムを発売する。

 秋冬のコンセプトは、常識や既成のルールにとらわれない、多様な価値観を表現する「リゾーム(RHIZOME)」。現代思想の“相互に関係のない異質なものが偶発的にむすびつくさまを表す概念”を意味する言葉で、資生堂トップアーティスト7名がカラークリエーションを担当し、個性あふれる、メイクの可能性が広がる新色16色を追加する。

(AFPBB News -2017年7月21日)
--------------------------------------------------

お肌に必要な美肌菌

腸内フローラ、が腸によい菌なのと同様、
お肌の表面にも、美肌によい菌があるそうです。

美肌菌、として、数年前から朝の番組とかで取り上げられているのをみていました。

お肌のメンテナンスに時間をかけている人が多いとも限らず、
ごく自然にお肌の上に存在している美肌菌。

表皮ブドウ球菌といって、
お肌をまもるグリセリンのようなものを出してくれるのだそうですね。

皮膚の表面からいろいろなケアをするのは大切ですが、
お金もたくさんかかるし、自然なからだのつくりでケアできるならなにより。

表皮ブドウ球菌を減らさないよう、
洗いすぎに注意していければいいですね。

これ、確か、何年か前に、
タレントとかがやっている洗顔法みたいな感じで紹介されていた記憶が。

彼ら、彼女たちがやっていたこの方法は正しかったのですね。

-------------------------------------------------

「菌」と聞くとぞっとしますが、近年になって話題の「腸内細菌」のように、皮膚に「菌」が棲んでいることで、外部からくる有害な刺激(有害な菌や花粉など)などから私たちの体を守ってくれているといわれています。

ただし、その皮膚常在菌の中には、肌に良い作用をもたらす「善玉菌」と肌に悪い作用をしてしまう「悪玉菌」の2つの種類があると考えられています。それらのバランスを整え「肌フローラ」を正常に保つことが美肌の鍵といえるでしょう。

(エキサイトニュース -2017年7月7日)
--------------------------------------------------

美白化粧品選びは慎重に

日焼けの気になる季節なので、
美白商品に目が行く人は多いでしょうが、
美白化粧品は、他の商品と比べて、
あたりまえですが美白に関する成分がプラスされているので、
人によっては刺激の強い成分も含まれています。

わたし、とてもメジャーな美白化粧水で、
はでにかぶれたことがあるので、
それ以来、美白ものにはとても慎重です。

天然由来成分といっても、
以前かぶれたものと同成分が入っていないか、
かなり慎重にチェックしたりします。

お肌を守るためですから、慎重にしていたいですよね。

-------------------------------------------------

そのあとコットンにたっぷり美白化粧水を含ませて顔全体に貼っていき、5分ほど放置するコットンパックを。仕上げに乳液かクリームを薄く伸ばしてくださいね。

もちろん毎日のスキンケアも大切ですが、シミをつくらない・増やさないためにも1年中日焼け止めを塗って紫外線対策を怠らないようにすることも重要です。こまめに日焼け止めを塗り直し、帰宅後は念入りな美白ケアをして透明感あふれる美白肌を手に入れてみてくださいね。

(エキサイトニュース- -2017年6月26日)
--------------------------------------------------

免疫向上をはかるサプリメント

免疫力の向上は、病気のかかりにくさや
進行を食い止める力に大きく働きかけるといいます。

だから、免疫力の向上に人はいっしょうけんめいになります。

ガンの予後に、免疫力を高めるといわれるアガリクスが重用されるのは、
そういう意味あいが大きいのでしょう。

年齢とともに衰えるカラダ、そして免疫力。

生活習慣の改善を行い、
食生活を見直すなどのケアをつづけながら、
「免疫ビタミン」と呼ばれる「LPS」を摂取するのは、
免疫細胞を活性化させるのに重要な要素になってくれそうですね。

サプリメントで補えるなら、お手軽でとてもいいと思います。

-------------------------------------------------
しかし、年齢により免疫力が低下することは自然なことですが、生活習慣によってはさらに低下を促してしまうので、本来であれば生活習慣の改善に加えて、食生活を見直すなど日ごろのケアが必要となります。
そして現在、LPS(正式名:リポポリサッカライド)は「免疫ビタミン」と言われているもので、私たちの体内にある免疫細胞を劇的に活性化させてくれることで、今注目を浴びている成分となります。

(SankeiBiz- -2017年6月22日)
--------------------------------------------------

日本人には肉ダイエットが合っている

日本人は農耕民族だから、
米を消化するための土台がもっとも整っている、
だから日本人は、お肉ではなくて穀物を中心にしたダイエットをするべき・・・

という言説も過去にきいたことがあるのですが、
今回紹介されているのをみたのは、
肉ダイエットというものでした。

日本人は不安遺伝子という、
ストレスのための遺伝子が弱いのだとか。

だから、セロトニンをへんに減らさないよう、
セロトニンを増やす働きのある肉類を主に食べてダイエットするのがよいとのこと。

不安遺伝子が強い、というのは、
雰囲気ですがなんとなくわかりますね。
お国柄というのも、たしかにありそうです。

たとえば、スペインとか南米とかは、
なんとなくですが不安遺伝子が少なそう。

なので、ダイエット方法も変わってくるのではないでしょうか。

-------------------------------------------------

運動だけでやせるのは難しい、やせるには食事をコントロールするのが必要、というのはもはやダイエット界の常識。食べることが大好きでやせられない人、糖質制限、カロリー制限など食事制限ダイエットが続けられない人は非常に多く、ハードな食事制限はかえってストレスがたまるだけ。

日本人は「不安遺伝子」を世界で一番多く持っている国民ということが最近の研究によってわかってきました。「ストレス」や「不安感」を抑えてくれるのが、幸せホルモンと言われるセロトニン。そして、このセロトニンを出すために必要なのが「トリプトファン」。「トリプトファン」を効果的に摂取する「肉ダイエット」こそ、日本人のためのダイエットです!

(music.jpニュース- -2017年6月14日)
--------------------------------------------------

硬水のマグネシウムで便秘解消効果

水には軟水・硬水ありますが、
これは含まれているマグネシウムとカルシウムの量によるのだそうですね。

飲み口がやわらかい・硬いではないようですが、
結果として、もしかして、そういう感覚があるのかも?

というか、軟水は飲むと軟らかく感じますし、
硬水は硬い感じがします。

硬水に含まれているというマグネシウムは、
便秘の改善薬として処方されたことがありました。

あれは、無理やり排出させる方向の便秘薬とは違って、
自然に水分を保持して、出しやすい便をつくってくれるという、
いい働きをする便秘解消成分です。

硬水には、自然にそれが入っているので、
薬を処方してもらうよりかなり利用しやすそうです。

当然、便通に良い効果があるということは、
お肌のトラブル解消にも日常的に役立ってくれますね。

私は、軟水が好きなのですが、
日本の水はほぼ軟水が多いそうです。

このことは、デレビの情報番組とかでやっていたので知っていました。

翻って、ヨーロツパの水は硬水が多いんですよね。

ですので、ミネラルウォターで便秘解消をしたいのでしたら、
ヨーロッパのミネラルウォーターがいいということですね。

一番いいのは「コントレックス」だそうです。

「コントレックス」といえば、
確か楽天市場で売上ランキングに登場するほど売れていますよね。

もしかして、便秘解消効果があるということで
買う人が多いということなのでしょうか。

ヴィッテルやエビアンでもいいそうですよ。

-------------------------------------------------

硬度が高ければクセを感じ、硬度が低ければ飲みやすさを感じる傾向にあり、日本の水道水や、国産のミネラルウォーターの多くは、硬度の低い「軟水」です。

便秘に◎硬水とは?

硬水に含まれている成分のひとつ、マグネシウムは、便秘の改善に効果的と言われています。マグネシウムの作用には「腸の中の水分を保持する」というものがあり、便を形成して排泄作業をスムーズにしてくれるのです。

マグネシウムを多く含む硬水の代表と言えば、硬度1468mg/Lのコントレックス! 硬度はこちらの1/3程度ですが、コントレックスが飲みにくいようであれば、ヴィッテルやエビアンなどもおすすめです。

(愛カツ-- -2017年6月9日)
--------------------------------------------------

DHCのお米成分美肌ライン

DHCから、お米成分を生かしたシリーズが発売になるそうです。

お米の成分をいかしたシリーズ、ありますよね。
ただ、かなり高価なものだった気が。

DHCはさすが、なかなかお手頃だと思います。

加水分解コメタンパクという、
DHCが抽出した美容成分や、
米ぬかがもとになったエキスなど、
さまざまなお米由来の成分が入っていて、
とっても強力な印象をうけますね。

DHCはもともと通販に力をいれていましたが、
近年はすっかり、店頭でお安く買えるようになったので、
ドラッグストアで手軽にためして、
ラインナップをとりいれていければと思います。

思い出しましたが、
お米の成分をスキンケアに活用しているのは、
酒蔵とかで出しているスキンケアだった気がします。

米麹の成分を入れているとかだったような…。

--------------------------------------------------

株式会社ディーエイチシー(DHC)は、お米の美肌力を活用した天然由来成分100%のスキンケア「DHC潤米(URU MAI)シリーズ」を2017年6月8日(木)に新発売する。

このスキンケアシリーズは、デリケートな肌にストレスを与えないスキンケアの実現を目指して、米由来の天然成分を豊富に配合したものとなっている。

たとえば、加水分解コメタンパクの「ライスペプチド1型・2型」は同社が米から独自に抽出した美容成分。他に、発酵した米ぬかが基になるサッカロミセス/コメヌカ発酵液エキスや、コメエキスなど、お米の多彩な成分から潤いパワーを作り出している。

(エキサイトニュース-- -2017年6月1日)
--------------------------------------------------

美肌菌を補うディオールのライン

「美肌菌」ということば、聞いたことあります。

たしか、お肌にずっとあって、洗い流しすぎ厳禁な、
もともとお肌を健康に保つためにがんばっている菌のことだった気が。

朝のテレビ番組でやっていた記憶があります。

お手入れのし過ぎで
それが足りなくなってしまっている人も
いるのではないでしょうか。

クリスチャンディオールの新しい保湿ラインで、
ディオールライフといって、
美肌菌に着目して、
美容液や保湿クリームなどの9アイテムがそろっているのだとか。

美肌菌も、化粧品でケアしてあげないといけないのですね。

ただ、ディオールというと、それだけでお値段が高い気が…。

お金に余裕があれば、使ってみたいアイテムかも。

--------------------------------------------------

パルファン・クリスチャン・ディオール・ジャポンから、自然由来成分をふんだんに配合した新保湿ライン「ディオール ライフ」が誕生。美容液や保湿クリーム、クレイマスクなど全9アイテムを6月2日より販売する。

 美しい素肌へと導く美肌菌“スキンフローラ”は肌の表皮に存在する皮膚常在菌で、その状態は食生活や運動習慣、睡眠などのライフスタイルによって変化。スキンフローラの状態がいいと、肌の潤いバリア機能が高まり、健康的な美しい素肌になることがわかっているという。

(BIGLOBEニュース-- -2017年5月25日)
--------------------------------------------------


肉食でやせるダイエット

肉食でやせるダイエット、というのを先日も耳にしました。

テレビで、いきなりステーキのランキングに挑戦している人が、
ダイエットするから挑戦をやめる、という話をしていて、
その方のやろうとしているダイエットも肉食ダイエットだった気が・・

肉・たまご・チーズを食事の中心にするというのが基本だそうです。

ひとくち30回噛むというのがポイントだそうで、
これに野菜とかを加えれば、
まあ、炭水化物が肥満のもとと云われている昨今ですから、
効果はあるのでは?という気がしてきますね。

このダイエット法だとお腹が空いて辛い、
ということもなさそうですので、
もしかしたら、今年の夏にかけてトレンドのダイエット法になるかも?

ただ、食べすぎ注意だと思いますが。

--------------------------------------------------

“やせたら可愛いのに…”というおデブ女性9名が、美女を目指しダイエットに挑戦するというTV番組「ダイエット総選挙2017夏の陣」(TBS系列)が放送され、肉を食べてもやせるという「肉食やせダイエット」が話題となっている。「肉食やせダイエット」に挑んだグラビアアイドルの紺野栞さんは、マイナス9.9kg、高校3年間で30kgも太ってしまった吉村真麻さんは、なんとマイナス17.9kg。やせたらあの“カトパン”に見えるという芸人・餅田コシヒカリさんもマイナス14.6kgを達成した。

「肉食やせダイエット」とは、肉(Meet)、卵(Eggs)、チーズ(Chees)を食事の中心にして、ひと口30回噛んで食べるだけで、健康を手に入れることができる食事法「MEC食」のこと。

(ダ・ヴィンチニュース-- -2017年5月17日)
--------------------------------------------------

ギャラリー
アーカイブ
  • ライブドアブログ