今日のみっけモノ

美容・健康ネタなど目に止まったモノをチェック しています

嬉野温泉の温泉水スイーツ

嬉野温泉は有名ですよね。
そこの温泉水をつかったスイーツがあるそうで、これはぜひ食べてみたいものです!
ホテル桜というところで、温泉水を使ったお豆腐で作ったチーズケーキ。
元祖・温泉湯どうふの専門店「宗庵よこ長」では、さらっとした口当たりの豆乳アイスが人気とか。
豆乳は、健康効果が高いですし、美肌で有名な温泉水で作ったなんて、他にないです。
お取り寄せとかはやってないのかな?
でもやっぱり直接行って、温泉にも入った方が絶対効果は高そう!
-----------------------------------------------------------------------------
日本三大美肌の湯として有名な佐賀県・嬉野温泉。その温泉水を使った「温泉水スイーツ」が注目を集めている。おいしくて体にもうれしいスイーツは、豆乳や豆腐を使った低カロリーのものがそろう。

嬉野温泉で有名な、“嬉野温泉湯どうふ”を使ったケーキが食べられるのは「ホテル桜」。嬉野産の卵、温泉豆腐を使った「温泉豆腐のチーズケーキ」(550円)は、軽い食感と甘さひかえめの上品さが人気。フルーツと一緒に味わって。

(ウオーカープラス 2009年11月2日)
-----------------------------------------------------------------------------


乳清とハーブのラインナップ

ヨーグルトの乳清と、オーガニックハーブなんて、
贅沢で、いかにもお肌にやさしそうですよね!

そんな洗顔、ローション、乳液のセットが販売開始されるそうです。
添加物による肌荒れが気になっている方とか、さっそく手にしてみては?
これから定番として扱っていきたいとのことなので、
定着すれば楽しみですね。

-----------------------------------------------------------------------------
 (株)アクアキューブ(東京都新宿区、阿部恵美子社長)は、このほど、オーガニックハーブ配合化粧品シリーズ「オーガニックナチュレ」から洗顔、ローション、乳液の3アイテムを販売開始した。バラエティストア、エステティックサロン、ドラッグストアなどで販売する。

  同製品は、ホエー(ヨーグルト乳清)と純国産オーガニックハーブを配合するなど、成分に徹底してこだわったオーガニック化粧品シリーズ。製品名の「オーガニックナチュレ」を具現化する成分処方にとどまらず、充実のサポート成分により、デリケートな肌質にもやさしく、しっかりケアするものに仕上がっている。

  「“余計なものは、いらない”をコンセプトに、開発にあたっては、エステティシャンを含む専門の女性チームを結成し、成分や使用感を徹底的に追及しました。まず、ホエーは母乳の成分に大変近いという所で、安心感のある原材料だと着目しました。当社ではこれまではどちらかといえば、ニッチな部分を埋める商品が主流でしたが、この製品ではいわゆる定番の商品です。だからこそ、やる以上は最高クラスのものを、と考え品質から価格などあらゆる部分で妥協せずに仕上げました」と同社阿部社長は語る。

(サーチナニュース 2009年10月25日)
-----------------------------------------------------------------------------



菊池凛子さんの衣装

映画『サイドウェイズ』に主演した菊池凛子さん。
夜仕様のセクシーなドレスであらわれたそうです。
この方は、役を演じているのをみると、いろんな表情に少しつめたさというか、
こわさを感じる面がある気がするのですが、
こうやってドレスアップすると、女性らしい美しさが内面からにじみ出て、まぶしい感じですね。
ロングドレスではないところも、個性的ですてきです。

-----------------------------------------------------------------------------
「グリーンカーペットも歩けたし、来てみて初めて、(規模の)大きさがわかった」と初参加となる東京国際映画祭の印象を語る菊地。映画祭初日のグリーンカーペットでは、80年代テイストあふれる個性派なドレス姿だったが、この日は、ボディラインがくっきり際立つなまめかしいドレスに身を包んだ。インナーのレースからは、スラリと伸びた腕の美肌が透けて見えるという、夜9時からスタートした舞台あいさつにふさわしい、夜仕様のセクシーさだ。
(MSN エンターテイメント 2009年10月22日)
-----------------------------------------------------------------------------



お肌にワイン風呂

近くの温泉チェーンで、
よく小さめなお風呂にバラをたくさん浮かべてみたり、
日本酒を溶かしいれたり、米ぬかを浮かべたり、まあいろいろ混ぜ込むのですが、
赤ワインだと、色自体が赤ワインになって、
インパクトが大きいですよね。
ポリフェノールの抗酸化作用などがあると聞きますし、
材料のもったいなさだけ許してしまえば、
気分的にはリラックスできて、いいんじゃないかなと思います。

-----------------------------------------------------------------------------
南丹市日吉町中の温泉複合施設「スプリングスひよし」で12、13の両日、地元産赤ワインを使った「ワイン風呂」のイベントがあり、利用者たちが豊かな香りと色鮮やかなお湯を楽しんだ。

 ワイン風呂は古代エジプトの女王クレオパトラが愛したとされ、同施設が美肌や保湿効果を狙って4年前に取り入れた。丹波ワイン(京丹波町豊田)の協力を得て、毎年、新酒の販売が始まる春と秋に実施している。
 男女別の気泡浴の浴槽に、ワインをボトル5本分注ぎ、温泉と混ぜた。「新茶の湯」や「米ぬかの湯」など、同施設がこれまでに企画した変わり湯の中でも1番の人気といい、利用者たちが「リッチな気分」と笑顔を見せていた。20日と11月3、17日も行う。
(京都新聞 2009年10月14日)
-----------------------------------------------------------------------------



クレンジングの大切さ

正しいクレンジングのしかたって、あんまり意識したことがなかったです・・・

順番もお勧めなのがあるんですね。
小鼻の皮脂汚れなど、結構強くごしごししちゃってたと思うので、これからはもっと「汚れを浮かせる」気持ちでやらないと・・
しみの原因になるそうですから・・

あと、首筋のクレンジングに気を使ったことってなかった気がします。
そういえば、UVカットクリームとかは首筋に使うので、きちんとクレンジングしたほうがいいんですね。
-----------------------------------------------------------------------------
クレンジングは皮膚の厚い部分から行いましょう。まずは、額を含むTゾーン。小鼻の皮脂の汚れは、毛穴の開き、黒ずみの原因になります。中指の腹で小さく円を描きながら汚れを浮かせましょう。
続いて、頬などのUゾーン。顔の中心から外側に向けて優しいタッチで行います。指先から第二関節までを使い、手の温度でメイクとクレンジング剤をなじませ、素早く汚れを浮き上がらせましょう。
首やデコルテもしっかりクレンジング。汗や皮脂に強いものはメイクと同じ。UVクリームなどはソープだけでは落ちづらく、肌に汚れが残ったままになりがちです。首筋から鎖骨に向かって、リンパを流しながら、汚れを浮き上がらせます

(nikkei BPnet- 2009年10月7日)
-----------------------------------------------------------------------------



ヤクルトが実店舗

乳酸飲料でおなじみのヤクルトが、
飲料と、化粧品や健康食品、など販売する直販ショップをオープンするそうです。

ヤクルトは、ヤクルト飲料を売りに来たときに、
販売員さんにどれがいいか聞いたりはできますが、
そこ以外に窓口があると、もっといいと思います。

化粧品は特にヤクルトは高額なものも多いので、
買う前に得られる情報はいろいろ欲しいですしね。


-----------------------------------------------------------------------------
ヤクルトは自社の化粧品では初の直営店舗「Yakult Beautiens(ヤクルト ビューティエンス)」を神奈川県横浜市西区南幸1-4-B1にあるザ・ダイヤモンド内のナンシーモールに10月4日オープンする。

「乳酸菌研究で培った研究開発力を化粧品に応用し、基礎化粧品を訪問販売してきたが、より多くの人に商品やサービスを知ってもらう機会をと考え、横浜駅西口地下街内にオープンさせることにした」という。
直営店舗では同社の化粧品、健康食品の販売のほか、カウンセリングや化粧品の試用、乳酸菌飲料の試飲などのサービスを提供する。
ヤクルトでは「店舗オープンによって得られるノウハウを生かし、今後は全国主要都市での出店も予定している。乳酸菌による内外美容を通じて美しい素肌づくり(健腸美肌)に貢献したい」としている。
(サーチナニュース- 2009年10月1日)
-----------------------------------------------------------------------------



はちみつ製品

「はちみつ」を食べ物ではなく、美白や保湿効果を持つ製品として
売り出した会社があるそうですね。

まるで香水びんのような美しい容器に、宝物のように入っている美しいはちみつ。

はちみつは、とろりと黄金色で、それだけで見た目キレイですから、容器や見せ方にこだわるのもよいかもしれませんね。

はちみつ入りせっけんも、濃度10%と高い配合率を目指して、こだわって研究なさったそうです。多少高額でも、どんな科学的配合の美容液よりも魅力的な雰囲気があります。

-----------------------------------------------------------------------------
 「HACCI1912」のブランドで展開する同社のはちみつ製品が、なぜこうも人気を集めたかといえば、はちみつの優れた効能を踏まえてファッション性を付加するなど、商品として大胆に生まれ変わらせたことにある。2004年にビービーを設立した創業者の水谷仁美社長も「はちみつに革命を起こそうと思って取り組んだ」と振り返る。

 はちみつは日本では、あくまでも「食べ物」として受け止められている。ところがはちみつは栄養価が高いのに加え、殺菌力が強く、さらには美白や保湿効果にも優れる。

 つまり、健康増進を目的に食べるだけでなく、肌や髪にパックして美顔や美髪用などとして用途開拓の余地があると着目。商品開発を進めるとともに、容器やパッケージもハイセンスなデザインにし、女性の心をつかんだ。
(フジサンケイ ビジネスアイ- 2009年9月23日)
-----------------------------------------------------------------------------



肌測定技術の進化

化粧品コーナーでよくお肌測定してもらっているのをみかけますが、
私はあんまりやりたくないです(汗

だって、あんなところで「たるみ」とか「かくれたしみ」とかを発見されても、
ショックが大きくてそのあと楽しく過ごせなくなってしまいそうなので・・

しかしやっぱりそういうとこをはっきりさせて、
対策をとっていかないと後がこわいよ!ということなのでしょうね。
でもやれることには限界がありますし、あんまりはっきりさせるのもどうかな・・なんて思うところもあります・・

-----------------------------------------------------------------------------
 化粧品各社が、肌を測定する技術の開発にしのぎを削っている。資生堂は17日、透明度を正確に測り、数値化する技術を確立したと発表。ポーラとノエビアは、肌の悩みの一つである「たるみ」を測定する新手法をそれぞれ実用化した。各社は、開発成果を試作した商品の評価に役立て、商品の競争力を高めたい考えだ。

 資生堂は、肌の透明度を調べるセンサー付きの測定装置を開発した。肌に光をあて、表面を撮影するセンサーの先端部分に板状の部品を組み込むことで、肌の内部に入り込み、反射してから外へ出る「内部反射光」のみを検出する。
(フジサンケイ ビジネスアイ- 2009年9月18日)
-----------------------------------------------------------------------------



メナードの新しいエイジングケア

下地とファンデーションは、大切とわかっていても、
どうしてもあんまり手をかけないのが現状・・
メイクするときって、基本的に急いでたりして、
なかなかきちんとやれてない、っていう気がしています。

メナードのエイジングケアブランドから、ベースメイクとファンデーションが発売されるそうですが、
メナードらしい、高級感のある雰囲気で、
やっぱり、ちゃんと手をかけないとダメだなあっていう気持ちにさせられます。


-----------------------------------------------------------------------------
日本メナード化粧品はエイジングケアブランド「エンベリエ」から、ベースメイク(全3品)を2009年9月21日に発売する。

「メイクアップベース」がなめらかで均一な肌に仕上げ、ファンデーションのフィット感を高める。しっとりとさっぱりの2種類。

「エッセンスインファンデーション」でメリハリのある若々しい立体美肌をつくる。モイストタイプとパウダータイプの2つのパウダーがセットになっていて、重ね使いで肌悩みをしっかりカバーし、自然なつやのあるキメ細かい肌に仕上げる。全6色。

価格は「メイクアップベース」が各1万500円、「エッセンスインファンデーション」が1万5750円。

(J-CASTニュース- 2009年9月8日)
-----------------------------------------------------------------------------


アンチエイジング市場は激化

アンチエイジングは、コスメの永遠の課題だと思います。
それだけに、
販売する会社とはまた違う、素材を研究開発するメーカーもどんどん参入してきているみたいですね。
やはり不況なので、少しでも安定しておく糸口もほしいし、
研究・開発するにとどまらず自分からどんどんアピールしていこうという姿勢なのでしょうか。

それが、さらに安くていい商品につながっていけば、消費者としてはとってもありがたいですね。
-----------------------------------------------------------------------------
アンチエイジング化粧品の研究開発競争は、従来の大手化粧品メーカーだけでなく、素材メーカーや異業種も参入し激化傾向にある。それは特許出願ランキングや特許の質を測る指標のランキングから読み取ることができる。知的財産コンサルティング企業であるインテクストラの調査によると、主要化粧品メーカー8社が占める割合は約36%であり、残る64%は1000社以上の企業・大学・研究機関などが占めている。

(nikkei BPnet- 2009年9月2日)
-----------------------------------------------------------------------------



ギャラリー
アーカイブ
RSS
  • ライブドアブログ