今日のみっけモノ

美容・健康ネタなど目に止まったモノをチェック しています

豆類パワー

豆類には、ビタミンB群などが多く含まれているし、食物繊維が便秘解消も助け、ダイエットや美容にはぴったり!
・・とよく聞きますが、実際、27キロのダイエットでこんな綺麗になられたんですね、すばらしいです。
豆乳はあまり得意じゃないのですが、豆自体は結構好きです。煮豆が小学生に嫌われているそうですが、やはり大人の味なのかもしれないでsね。
豆類を取り入れることでそんなに効果があるなら試しに・・という気持ちになりますよね?


-----------------------------------------------------------------------------
料理研究家の園山真希絵さん(32)。またの名は「まめえ先生」。学生時代、豆を食事に取り入れたダイエットで27キロの減量に成功し、豆の効用の伝道師として活躍しているからだ。

 幼いころは豆が大嫌いで、好物はから揚げなど脂っこいものばかり。今は写真のようにスリムだが、高校時代には体重が67キロまで増え、にきびやアトピー性皮膚炎にも悩んでいた。

 リンゴや卵などの単品ダイエットでリバウンドを繰り返していたある日、「豆は美容と健康に良い」と書かれた本にピンと来た。ハンバーグに「豆」、ピラフに「おから」――。食べやすくしようと好物に混ぜるうちに、体重はみるみる減り、肌荒れも解消。モデルにスカウトされた。
(読売新聞 2010年1月20日)
-----------------------------------------------------------------------------


ブラジルは肥満に悩む?

アメリカのリーダーズ・ダイジェストが調査したところ、世界16カ国で、「やせたいと強く感じる」人が多い一位がブラジルだそうですね。
なんだか意外です・・
暑いところ、というイメージがあるし、人も熱くて、太り気味というよりは能動的で明るいイメージのある国なので。
でも、そういう国は食生活もこってりしていて、脂肪がつきやすいとか、あるのでしょうか??

-----------------------------------------------------------------------------
米誌リーダーズ・ダイジェストは11日、全世界16カ国の1万6千人を対象に行ったダイエットに関する調査結果を発表。米国、インドなど9カ国で過半数の人が「やせたいと強く感じている」と回答、トップはブラジルの83%、2位がインドの68%。米国は62%、中国は50%だった。
(47NEWS 2010年1月11日)
-----------------------------------------------------------------------------


日本酒の効能科学的に立証

日本酒は雰囲気的に、「肌にいい」という感じがありますね。
杜氏の手が美しいともいいますから・・
でも、それを、大学の研究グループがメカニズム解明してくれたとのことで、科学的にも信憑性が高まり、評判が高まりそう。
肌に塗ることで、汗腺の活動が活発になったり、血行が改善したり・・
マウスの皮膚コラーゲンが2倍になったそうなので、これは人間の女性だって、期待がモテる?ということですよね。
日本酒を利用した化粧品開発が、今後進むのかもしれません。

-----------------------------------------------------------------------------
寒い冬に熱かんで美肌効果-。名古屋市立大の岡嶋研二教授(展開医科学)らの研究グループが、日本酒の美肌効果のメカニズムを解明した。肌に塗っても、そのまま飲んでも良いといい、風呂に入れるなど美肌効果は知られているが、科学的にも立証した形だ。

 着目したのは、日本酒を造る過程で、米こうじと酵母菌によって作られる糖アルコールの一種「α-グルコシルグリセロール」(αGG)。研究グループはマウスの知覚神経細胞を培養し、αGGを加えると、伝達物質が放出されることを確認した。

 次に、マウスの肌に塗ると、その伝達物質を介し、細胞の再生や血流増加、汗腺の活性化効果などを促す「インスリン様成長因子-1(ローマ数字の1)」(IGF-1)が増加することを突き止めた。αGGの濃度を0・005、0・01、0・05、0・1%-と変えて実験すると、0・01%の溶液が最も皮膚のIGF-1を増やすことが分かった。皮膚のコラーゲン量も1・2倍になった。

(中日新聞 2010年1月4日)
-----------------------------------------------------------------------------

育毛剤・柑気楼(かんきろう)の効果と評価/評判

エステの時間

エステってなかなか、いくチャンスがないですよね!

今のエステは、ボディのケアはもちろん、フェイシャルでは美白、しわ・たるみの改善、それどころか、まつげのエクステや、まつげのパーマなども施してくれるといいます。
ちょっと時間をみつけていってみられれば良いのですが。

-----------------------------------------------------------------------------
女性専用のエステティックサロン。フェーシャルケアや脱毛法の一種「糸除毛」、まつ毛のカールや人工まつ毛を特殊な接着剤で張り付ける「まつ毛エクステンション」などのメニューをそろえている。

 フェーシャルケアのメニュー「フェイシャルエステ」は、美白の他、しわやたるみの改善、毛穴の汚れやしみ、にきびなどを取り除くなど主目的別に6コースある。

(徳島新聞 2009年12月26日)
-----------------------------------------------------------------------------

関節痛のこわさとコンドロイチン

コンドロイチンは最近よく聞きますね、CMとかで。
一般に売っているサプリメントにも多く配合されているようで、すごくポピュラーです。
CMをみていると、ひざの痛みや関節の痛みがどれだけつらいものか、不便なものか、みていて思い知るというか、ああならないように栄養にも気をつけないといけないなという気持ちになります。
自分は大丈夫!と思わずに、用心していきたいですね。

-----------------------------------------------------------------------------
コンドロイチンは、コンドロイチン硫酸(コンドロイチンりゅうさん)のことで、関節痛、腰痛、肩関節周囲炎(五十肩)、神経痛などの治療に使われています。
 コンドロイチンのみでは変化しやすいため、自然界では硫酸と結合し、コンドロイチン硫酸として存在しています。多く含まれる食品は、山芋、なめこ、オクラ、フカヒレ、スッポンなどです。 保水効果があるため、コンドロイチンを摂取したら肌に弾力が出てきたという感想も多く聞かれます。
(NEWSLIFE 2009年12月15日)
-----------------------------------------------------------------------------


トマトとリコピン

今年、とっても人気のある「トマト鍋」。
トマトには、リコピンが豊富というのは、昔から有名ですね。
リコピンは、強い抗酸化作用があって、生活習慣病や癌の元になる状態を回避できるのだとか。
ちょうど寒さが厳しくなってくる時期ですし、
せっかくだから生のトマトも上手につかって、トマトの恩恵をいっぱいうけたお鍋を食べたいですね。

-----------------------------------------------------------------------------
国際食学協会(所在地:東京都豊島区 理事長:相良 泰行以下IFCA)は、古今東西の「食」の正しい知識を「食学」と定義し、21世紀現在の人々やその子供たち、そして世界の人々に提供し、日本が世界に誇る「食学」を後世に引き継いでいくことを目的に活動をしております。
IFCAでは「美しくなる食生活のノウハウ」を「美容食学」とし、近年、根拠のないダイエットや間違った食の知識が横行する中、「日本に住む人々が正しい食生活で美しく健康になる」ことの普及に努めています。その一環として、新レシピの開発も日々行っており、マスメディアの皆様に公開していくこととなりました。12月は、巷でもブームとなっているトマト鍋について、IFCAオリジナルの2レシピをご提供いたします。トマトには、ビタミンC、リコピンが豊富に含まれており、美容には欠かせない食材です。栄養素だけではなく、味にもこだわりを込めたレシピとなっておりますのでぜひご活用ください。
(共同通信PRワイヤー (プレスリリース) 2009年12月8日)
-----------------------------------------------------------------------------



リンゴダイエットは効く?

リンゴダイエットはきくのかどうか・・
林檎ジュースではだめだそうですね。血糖値があがってしまうので。
でも、まるかじりだと食物繊維をいっしょにとるため血糖値はあがりにくく、腸でよい働きをしてくれる皮のおかげで、ダイエットによい効果があるのは確かだとか。
いろんな情報がありますが、よいところをちゃんととりいれて、実践していきたいですね。

-----------------------------------------------------------------------------
さて、ここで一時期流行った「リンゴダイエット」についてお話ししましょう。ダイエットではきちんと栄養のバランスを取ることが必要不可欠で、その上で脂肪になりにくい食べ方をすることが大切です。ですから、何か一つだけ食べて痩せるというのは、健康的でもなければ、その後のリバウンドを招くという意味でもおすすめできません。

 ただ、リンゴダイエットは上手に行えば効果があります。それは、血糖値との関係で説明することができるのです。この話は昔、イギリスの「ランセット」という有名な医学雑誌にも「食べ方と血糖値の変化について」という論文が載せられています。といっても、リンゴジュースではだめです。血糖値が急に上昇し、インスリンが多く分泌され、次に血糖値が下がり過ぎるために、飲んだらお腹が空き、また飲んで……を繰り返すので、逆に太ってしまいます。
(nikkei BPnet 2009年12月1日)
-----------------------------------------------------------------------------



「ローズ&マリー」がダイエット応援

人気CGアニメ「The World of GOLDEN EGGS」の双子の兄弟(姉妹?)オカマキャラ「ローズ&マリー」が叱咤激励してくれる、携帯サイトができたそうですね。
目標達成まで「書き続ければいい」とはいえ、
なかなかそれを続けるのは大変なこと・・・
やっぱり、楽しみながら続けられないとやってられなくなりますよね!
すぐ飽きちゃう人は多いんじゃないかなーと思っていたので、
これ、納得です。きっとこれなら、外出先でも続けられるんじゃないでしょうか。

-----------------------------------------------------------------------------
そんなレコーディングダイエットを「The World of GOLDEN EGGS」のローズ&マリーが叱咤激励しながら、サポートしてくれるケータイコンテンツが登場した。それが、目標達成まで10日間のプログラム「ローズ&マリーのダイエットしちゃうわよ!」~もうアイツにデブなんて言わせない~である。万が一、リバウンドしてしまった場合でも、記録をリセットして、やり直すことが可能だ。
(Techinsight japan 2009年11月27日)
-----------------------------------------------------------------------------



サーモンは美肌の味方

サーモンは、美肌やアンチエイジングに効果的!という話ですね。
そうなの?!
血液をサラサラにする、というのは聞いたことあります。
あと、アスタキサンチン酸を多く含んでいて、抗酸化作用が高いとも・・

他にもいろんな効果を秘めているとしたら、
サーモンって美味しいし、加工もしやすくメニューにも取り入れやすいし。
何より、かなり安価ですよね。
これはうれしい発見です!

-----------------------------------------------------------------------------
「サーモンは美肌やアンチエイジングに効果的なスーパー食材!」と太鼓判を押すのは、ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントのエリカ・アンギャルさん。今年発売した著書『世界一の美女になるダイエット』が32万部のベストセラーになっている“時の人”だ。 
「サーモンにはEPAやDHAといった、オメガ3系の良質な脂が豊富に含まれています。これらは血液をサラサラにしたり、肌に潤いを与える効果があるんです。ほかにもビタミンA・B2・D・Eや良質なたんぱく質、それに紫外線から肌を守る抗酸化成分=アスタキサンチン酸や、筋肉の引き締め効果があるジメチルアミノエタノール(DMAE)も含まれているという、すごい食材なんですよ。ぜひ日々の食事に取り入れて、体の内側からきれいになりましょう!」とエリカさん。 

(エル・ア・ターブル 2009年11月17日)
-----------------------------------------------------------------------------


お茶配合石鹸

CMなどですっかり定着した、緑茶をつかった石鹸ですが、
お茶屋さんの「お茶のはんのえ」からも「美肌小町」というオリジナル石鹸が発売。
お茶の石鹸って、確かに効果はありそうなんですが、
なんか結構、単価が高いなーという気がしませんか。
基礎化粧品の一環と考えればいいのかもしれないですけどね。
こうやって何種類か出てくると、それぞれの違いとか、特色などもわかると、選びやすいですね。
よくCMでみるような効果とかって、本当なのかどうかは気になるので。
-----------------------------------------------------------------------------
茶製造、販売の「お茶のはんのえ」(安来市安来町、飯橋一春社長)はこのほど、茶葉から抽出した緑茶エキスを配合した緑茶せっけん「美肌小町」を発売した。

 自社ブランドのオリジナル商品で、農薬または化学肥料を使わない特別栽培で育てた茶葉を原料に使用。抗菌消臭作用があるとされるカテキン、メラニン色素の発生を抑制するビタミンC、脂肪を代謝させ美肌効果もあるというカフェインを含み、洗顔せっけんとしてだけでなく、手洗い用にも利用できる。

 1個が95グラム、泡立てネット1袋入りで、定価1260円(消費税込み)。現在、同社店舗やインターネット、市内の安来節演芸館や足立美術館、観光交流プラザの各売店で販売している。


(山陰中央新報 2009年11月13日)
-----------------------------------------------------------------------------



ギャラリー
アーカイブ
RSS
  • ライブドアブログ