今日のみっけモノ

美容・健康ネタなど目に止まったモノをチェック しています

戦闘をやめた戦士のポーズ

そのポーズに名前がちょっと不思議ですが・・

首周りをすっきりさせるポーズとして、
「戦闘をやめた戦士のポーズ」というのが載っていました。

実際やってみましたが、
首回りというか、首からあたまにかけての
血行までよくなるような感じで、
しばらくやっていたらちょっと頭痛が・・

でも、無理しない程度にたまにやると、
確かにすっきりしてきそうな気はしました。

頭が痛いのは、
血流が急に活発になったからかも・・
あまり急激に何分もやるのはたぶんだめですね。

自分の状態にあわせて、
適当にやるのがよさそうです。

あと、そういうときに血流に負けないようにするには、
血をさらさらにしておくのがいいようなので、
このごろ気を付けているように、
水分を常にとっていくのは大事な気がします。

どろどろの血だとこういうとき、
危険なんじゃないかなと思います。

-------------------------------------------------

首回りスッキリ美肌も「戦闘をやめた戦士のポーズ」

ヨガ&ダンスチーム「LAVA スミッキーズ」メンバーが美容や健康に役立つポーズを紹介する。今週はAKIの「戦闘をやめた戦士のポーズ」

脚を大きく横に広げ、片足つま先を90度外側、もう片方を正面に向ける。つま先を正面に向けた方の脚の膝を曲げ重心を低くする。片方の腕を大きく上げて後ろに伸ばし胸を開く。上半身のリンパの流れがよくなり首回りがスッキリし、美肌にも効果的♪


(日刊スポーツ 2019年11月27日)
--------------------------------------------------

ミニトマトは栄養が豊富

トマトは、健康を扱う番組のクイズで、
いつも正解になるほど、
健康・美容に高い効果がある野菜です。

印象として大きいのは、美白効果ですよね。

メラニン色素の沈着を防いでくれるのは有名です。
あと、ビタミンCがたいへん豊富です。

それが、ミニトマトが、
実はトマトの2倍、ビタミンCを持っているそうで、
さらに健康効果が高いとか。

ミニトマト10戸で1日の必要量の1/3をカバーするといいますから、驚きです。

あと、こちらも有名な抗酸化作用、ミニトマトのほうが豊富だそうで、
これはどうしてなのでしょう?

小さな実だから少ないのではなくて、
ギュッと凝縮されて、さらに良い成分の密度が高まっているのかもしれないと想像します。

小さくても、しっかり全部が赤くなるし、
赤いほうが、中身も濃いのではと想像しますよね。

種を出さずにそのまま調理するので、
捨てる部分がなく、栄養も欠けることなく摂れるということかも。

-------------------------------------------------

シミ・しわを防ぐ
ミニトマトはシミの元となるメラニン色素の沈着を防ぎ、体内でのコラーゲン生成に欠かせないビタミンCの含有量がトマトの2倍。ビタミンCの目標摂取量は1日、100mg(※1)ですが、ミニトマト10個ほどで、1/3をカバーできます。
また、抗酸化力がビタミンEの100倍ともいわれるリコピンの含有量もミニトマトの方が豊富で老化を防ぎ、しわ予防にもなります。

(ガジェット通信 2019年11月12日)
--------------------------------------------------  

タピオカと温泉の名産品

タピオカ、たいへん大流行ですよね。

地方都市の田舎であるわたしの住むあたりには、
残念ながらタピオカを使った製品が豊富に売っているわけではなく・・

しかし、そもそもわたし、
タピオカ、たぶんあまり得意じゃない予感がします。

もちもち食感というのが、あまり得意ではなく・・ですが、
あれほどブームになっているタピオカミルクティー、
一度は飲んでみたいとは思います。

島根県では、タピオカで美肌を、
というコンセプトでタピオカを取り入れることがあるそうです。

それぞれの名産品の美肌温泉を、
タピオカドリンクとして表現した製品。

きいただけではどういう製品かいまひとつぴんときませんが、
白濁した温泉なら、ミルク多めのカフェオレとかとタピオカを合わせるとか、
そういうことでしょうか。

でもそれにしても、面白い試みですね。

タピオカは、キャッサバというお芋の成分でできたものだそうで、
プルプル感からしてお肌によさそうなので、
イメージ戦略としてもきっと成功しそうな気がします。

-------------------------------------------------

そんな島根県の美肌の秘訣を体感すべく誕生したのが、「タピオカ」。おいおい、またタピオカかよ~!とか言うなかれ。これが普通のタピオカじゃない。「タピ肌」プロジェクトでは、タピオカスタンド「Tapista」監修のもと、"潤い・弾力"等、島根の美肌ポイントを再現すべく、はちみつにたっぷりと漬け込んだ「ヌーディー・タピオカパール」を開発。まさにパールのごとく輝いていて、見るからにお肌に良さそう。そのタピオカを、島根を代表する名産品で、出雲・奥出雲・石見エリアそれぞれの美肌温泉を表現したタピオカドリンクとして楽しめるのが、今回のポップアップショップだ。

(マイナビニュース 2019年11月12日)
-------------------------------------------------- 

糖質制限にぴったりなオートミール

血糖値をゆるやかにアップさせる炭水化物というと、
胚芽米とか玄米とか思いつきますが、
オートミールというのがあるのですね。

日本では、あまりなじみがない気がしていますが、
昨今の健康やダイエットブームからすると、
知られているのかも?

オートミールは、
白米が糖質として影響の大きいGI値なのに、
オートミールは55と、かなり低いGI値。

糖質制限ダイエットは、
食後の血糖値を急増させないことが大事なので、
オートミールは理想的です。

また、食物繊維としても、
ほかの食物繊維が多い糖質にくらべても多くて、
これだと単品で軽食として食べるのにもおすすめな感じです。

コーンフレークとかと同じ感じで食べれたらよいですね。

-------------------------------------------------

インスリンは、その性質の1つに「脂肪を溜め込もうとする働き」があり、急上昇するほど効果も上がるため、脂肪が増えてダイエットには天敵です。

 つまり、「血糖値を緩やかなスピードで上昇させる糖質」を選ぶのが賢いわけです。そんな食品の一つが、ズバリ、精白していない麦を加工した「オートミール」です。一般的に、血糖値の上昇スピードはGI値で示されます。白米はGI値が84なのに対し、オートミールは55。他の穀物で比較しても、オートミールのGI値の低さはトップクラス。加えて、オートミールは、コレステロールの上昇を抑える水溶性食物繊維が豊富に含んでいます。つまり、オートミールはダイエットフードとして最強に近い食品なのです。

(CNET Japan 2019年10月30日)
--------------------------------------------------

冬前発売のトラベルコフレ

シーズンごとのトラベルコフレ、
楽しみにしているひとも多そうですね。

以前はコスメ売り場で
たくさんのコフレをチェックしたりしていましたが、
最近はネットでメーカーごとにチェックできたりするので、
便利な半面、季節感とかは薄いかも・・

そんな中、
新しい保湿美白スキンケアのアドライズから、
コフレが発売になるそうで、
ちょっといいかなと思っています。

内容がまず充実しています。

美白に定評のあるメーカーからの提供で、
アクティブローションなど、
化粧水のシリーズがちゃんと含まれていて、
効果が高そうです。

保湿力に定評があって、
冬の乾燥が気になるこの時期には
ちょうどよいのではないでしょうか。

2つのサイズのポーチがセットになっているのもいいですよね。

旅行か普段遣いか、
どちらかに合わせて使い分けができるとうれしいです。

-------------------------------------------------

大正製薬株式会社は、2019年春にデビューした保湿美白スキンケアブランド「アドライズ」から、旅先はもちろん、ご自宅でも使いたくなるトラベルコフレを数量限定で発売いたします。
10月23日発売の新製品アクティブローション ディープモイスト(医薬部外品)とアクティブ クリーム(医薬部外品)の通常サイズがセットされた、これからの季節も潤い肌で過ごしたいあなたにおすすめのコフレです。                                         

コフレには2つのサイズのポーチがセットされ、用途に合わせて、使い分けが可能です。
乾燥肌に悩むあなたへのアドライズからのギフトです。 

(CNET Japan 2019年10月30日)
-------------------------------------------------- 

美肌と朝酵素・スキンケア

60を越えても美肌をキープしている方がいると、びっくりしますね。

どういうお手入れをしているのかなと想像します。

高いスキンケア商品や
ブランドものの何かとか使っているのか、
または、エステとかにマメに通っているのか、など・・

ある方の場合は、「朝の洗顔で酵素パウダー」。
角質ケアになっているとか。

古い角質・角栓を除去して毛穴対策もできる、
として、けっこう多くのメーカーから発売されているようです。

これならすぐ真似できそうで、参考になりますね。

あと、夜スキンケアを
しっかりやるのが基本かなと思っていましたが、
その方は、落とすことに専念して、
朝スキンケアして1日持たせるのだとか。

考え方はいろいろですし、
自分にあった手段を見つけながら、
試行錯誤を怠らないのが、
美肌ケアのいちばんかなと思いま。

年齢が進んできたからといって、
あきらめないことが大事なのかも。

-------------------------------------------------

 特徴的なのは、朝の洗顔に「酵素パウダー」を使い、角質ケアを欠かさないこと。夜はクレンジングバームでメイクオフした後、洗浄力の高いクレイ洗顔料で洗顔。朝も夜もとにかく「落とす」ことを重視します。筆者は「洗いすぎもよくない」と思っていたためびっくり!

 夜のスキンケアは寝ている間に枕や布団に持っていかれてしまうため、朝のスキンケアをしっかり行うそう。シートマスクも朝に使えば、その効果をすぐに実感できることもメリット。化粧のりもよくなって、夜まで乾き知らずの肌に。

(ダ・ヴィンチニュース 2019年9月30日)
--------------------------------------------------

よい睡眠でお肌によい影響を

よい睡眠がお肌によい影響があるとは、
どうしてでしょうね。

肌のターンオーバーが進む、
ということのようです。

肌が生まれ変わって、
入れ替わるときによい成分を入れると、
次の肌がいい状態になるのでしょうか。

その睡眠で大事な成分になるメラトニン、
これのもとになるセロトニンが、
太陽を浴びた16時間後に変わるのだそうです。

体内時計がリセットされて、
正しい時間にメラトニン、
セロトニンの働きを全開に出来るのが、
次のお肌のコントロールにもなる、
大事なことなのでしょう。

セロトニンの働きに良い効果があるのは太陽だけではなく、
さまざまな食品もありますよね。

手軽にとりやすいヨーグルトなどの乳製品、など、
気をつけて摂るようにしつつ、
体内時計に悪影響のない生活を続けるのが、
美肌のためにはいちばんのようです。

-------------------------------------------------

太陽光を浴びると脳からメラトニンの元となる、通称幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが分泌され、これが、浴びた16時間後にメラトニンに変わります。太陽光を浴びることで体内時計がリセットされると共に、メラトニンは体内時計によってコントロールされています。

もし、通勤中以外で直射日光を直接浴びるのが難しい時はカーテンを開け、明るい光を浴びるだけでも効果的です。太陽光を浴びる時間は1日30分を目安にし、曇りの時にも行いましょう。

(ウーマンエキサイト 2019年9月30日)
--------------------------------------------------  

和食スパイスをモチーフにしたコスメ

わさび、もみじおろしというと、
和食の代表的といっていい辛いもの。

とってそのままのわさび、
辛味を混ぜ込んだ辛味もある大根おろしは
どちらもお料理を際立たせてくれるものですが、
それをスキンケアのモチーフに取り入れたラインナップがあるとか。

ベジinコスメ、というスキンケアメソッドだそうです。

スパイスで肌作りなど、
ちょっとむしろ傷みそうな感じがしてしまいますが、
もちろんスパイスそのものが練りこんでいるわけではないようです。

「素材の良さを引き出してくれる」という点が、
わさびやもみじおろしとコンセプトが近い、
という意味合いなのでしょうね。

その製品のルックスは、
見た感じはおしゃれな香辛料のようです。

化粧品は美白といった考え方があるものですから
どうしても白基調な製品が多いですが、
鮮やかな緑とオレンジは、見た目も新鮮ですね。

-------------------------------------------------

素材の良さを引き出してくれる和食フィロソフィーのもと、SHISEIDOが開発したミレニアル世代向けのスキンケアライン「WASO (ワソウ)」。その自然のたくましさやみずみずしい潤いに着目した「ベジinコスメ」から、わさびと紅葉おろしにインスパイアされたコスメが10月1日発売。

(voguegirl.jp/ 2019年9月30日)
-------------------------------------------------- 

ビタミンACEで美白

紫外線、気をつけていても
つい浴びてしまうことは多いです。

今は秋の入口ですが、
この時期結構日光がきびしいときもありますよね。
そういうとき、
真夏であれば用心しているので、
ちゃんと紫外線対策をしているのに、
もう秋だから手を抜いていて後悔・・・
みたいなこと、わたしはあります。

秋でも、紫外線は紫外線。

活性酸素が発生して、
シミなどの原因になるのなら、
できるだけ抗酸化作用を高めて、
対抗していきたいですね。

そんなときいいのが、
ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEだそうです。

ビタミンCは、昔から美肌・美白にいいと言われていますよね。
錠剤も、美肌を謳っているものが多いです。

ビタミンAはどちらかというと、
疲労回復的な意味合いが強かったと思いますが、
みてみると、美肌の効果も大きいようです。

栄養素ですから、ピンポイントでなにに
効いて効かないというのはないと思いますが、
効果的、ときくと、積極的にとりいれてみようかなという気になりますね。

うなぎはもう一般的に高いので、
うなぎではなくてもっとリーズナブルな食品からとりたいです。

サプリメントもこういうときいいかもしれません。

-------------------------------------------------

紫外線を浴びた後の体内には活性酸素が発生します。活性酸素は老化、特に女性にとって非常に悩ましいシミやそばかす、たるみなどの原因にもなるため、抗酸化作用を持つ栄養成分を摂ることをオススメします。

 そこで活躍するのが、抗酸化作用を持つビタミンACE(エース)。ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEのことです。それぞれに抗酸化作用を持つだけでなく、次のような効果にも期待することができるでしょう。

(女子SPA! 2019年9月22日)
-------------------------------------------------- 

ボタニカルと美肌支援

ボタニカル、とは植物性のことですよね。

ボタニカルシャンプーなど、
最近は植物のいろんなパワーをもらって、
キレイになろうとか、
良い状態へ導こうとか、さ
まざまな商品が生まれてきています。

スキンケアには、
これまではソープなどが
ボタニカル商品の代表だったと思いますが、
今回紹介されていたのは、
美味しく食べて美しくなれる限定メニュー、とのこと。

ハーバルセラピストという方と共同開発したそうです。

抗酸化作用に富んだ植物成分といえば、
ローズヒップはよく耳にしますね。

ビタミンCが豊富で、ちょっと酸っぱくて、
女性向けのドリンクにもよく採用されています。

ほか、ローズマリーなど
抗酸化作用を多く含んだ食品というと、
ちょっとくすりっぽいのでは、
と思ってしまいますが、
そういうことはなさそうですね。

和食だと植物性の香り成分を
メニューに取り込むのは難しいですから、
こういうのこそ、洋食でくせの強い食材を扱うメニューなどで取り入れられそうです。

-------------------------------------------------

BOTANISTスキンケアシリーズに着想を得た、ハーバルセラピストと共同開発の“美味しく食べて、美しくなれる” 限定メニュー。スキンケアシリーズに使われている植物をはじめ、ビタミンCが豊富なローズヒップ、抗酸化食品の高いローズマリーなどのハーブやハトムギなど、美容によいと言われる食材を随所に散りばめました。

(PR TIMES (プレスリリース) 2019年9月11日)
-------------------------------------------------- 
ギャラリー
アーカイブ
RSS
  • ライブドアブログ